小豆粥のふるまいを行いました!

食文化館では、1月14日、小豆粥のふるまいを行いました。
小豆粥は1月15日の小正月に、年中の悪い気を払うために食べるお粥です。古くは平安時代の『土佐日記』(承平5年〈935〉1月15日条)などにみえます。望の日(もちのひ。陰暦15日の満月)にちなみ「かゆ柱」と呼ばれる餅を入れる地域もあり、食文化館のふるまいでもお餅を入れたものをふるまいました。

江戸時代、東西の風俗を比べた『守貞謾稿』(喜田川守貞著)には、「京都と大阪では、あずきがゆには塩を加えて炊く。江戸は塩を加えず、専ら白砂糖を加えて炊く。江戸では粥を食べ慣れないために甘みをつける」とあります。

当時行われた風俗調査にも小豆粥の項目があり、小浜は「変わったことはないが、この粥を少し残しておいて、十八日に桜がゆ或いは十八粥といって祝う」と報告しています(『若狭国小浜領風俗問状答』)。これに似た風習が現在の若狭地域にも残っており、神仏に供えたあと、小豆の汁が出たお粥を「あかのかゆ」といって、十八日まで少し残しておいて食べる家もあるようです。

寒い日が続き、当日は雪も積もった小浜でしたが、多くのお客様がふるまいに足を運んでくださいました。
小豆粥を食べて、この一年を健康で過ごしたいですね。

七草粥のふるまいを行いました!

1月7日、食文化館では七草粥のふるまいを行いました。
春の七草は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロという7種類の野草です。行事としては七日正月に七草などを入れたお粥を食べる民俗行事のことで、食べると邪気を払い無病息災、長寿を得るといわれます。

江戸時代は実際に入れるのは1、2種類だったようで、1月6日には材料の「なづな」を売り歩く人々もいました。現在でも七草はナズナを指す地域もあるようです。食文化館のふるまいでは、お粥のなかにお餅も一つ入れました。

当日は3連休中日ということもあってか、開始から長蛇の列となり、ふるまいは20分ほどで終了となりました。
2018年も無病息災、健康で1年を過ごせるといいですね。

四季と行事食「冬至と運のあがる食」

12月22日は、二十四節気のひとつ、「冬至」です。
一年で最も夜が長く、昼が短い日とされていて、この日を境に、少しずつ昼の時間が長くなると言われます。

冬至に食べるものといえば、かぼちゃ「なんきん」ですね。
冬至には、なんきん、こんにゃく、にんじんなど、「ん」のつく食材を食べると、運が巡ってくると言われています。

小浜市松永地区には、冬至に、小豆とこんにゃく、里芋を、砂糖と醤油などで甘く煮た「いとこ煮」を食べる風習があります。

小豆や里芋が体を温めるだけでなく、こんにゃくで運もつく「いとこ煮」。
しっかり食べて、体に沢山の運を取り込みたいですね。

※以上の内容は、12月11日にチャンネルOの番組「四季と行事食」(食文化館監修)として放送されたものです。

高鳥重郷氏の蕎麦打ち教室が開かれました!

食文化館では、小浜市の食の達人・高鳥重郷氏による蕎麦打ち教室が開かれました。定員いっぱいの賑やかな雰囲気のなか、参加者の皆さんは、ご家族やご友人と力を合わせて取り組んでいました。

途中「難しい」という声もありましたが、高鳥氏や食文化館ボランティアのグループマーメイドによる補助もあり、どのグループも大変きれいに完成させていました。

完成したお蕎麦は、大根おろしとネギをのせて試食したり、持ち帰ったりされました。
これで自宅でも蕎麦打ちができそうですね。

かけはしサポーターがへしこの樽出し&なれずし作りを行いました!

食文化館では、運営ボランティアのかけはしサポーターが、鯖のへしこの樽出しとなれずし作りを行いました。

「へしこ」は、塩漬けした鯖を糠と塩で再度漬け込んだ保存性の高い発酵食品です。一夏(丑の日)を越し、半年以上漬け込んだものを製法の定義とします。
4月の本漬けから半年、かけはしサポーターのへしこは大変まろやかに仕上がり、樽出し作業後のお昼ご飯は、へしこがメインのおかずになりました。

完成したへしこは、すべて食べずに「なれずし」にします。糠を落として酢洗いした鯖の一つ一つに、麹を混ぜた飯を詰めて、樽に戻しました。
小浜の「なれずし」は、「へしこ」を塩抜きにして、飯と麹で再度漬け込むのが特徴です。生魚や塩漬けの魚ではなく、糠漬けしたものを使うことと、多めの麹を用いて短時間で漬け込むことから、旨味と甘みが強く、酸味が少ない仕上がりになります。

なれずしの樽出しは12月の予定です。美味しいなれずしを期待しましょう。

2017鯖のまちフェスタ in 若狭おばま海の駅が開催されました!

当初は10月21日(土)、22日(日)の二日間を予定していましたが、あいにく二日目の22日は、台風21号の影響により、本多京子先生を迎えたキッチントークショーを除いて中止となりました。

21日は終日曇り空ではありましたが、強い雨風はなく、県内外から出店した飲食店やイベントで大変盛り上がりました。飲食店はへしこやなれずしはもちろん、鯖のサンドイッチや鯖の釜飯など鯖を使った様々な料理を販売し、店頭は常に来場者であふれていました。

また、会場ステージでは、鯖(さば)にちなみ、毎時「38」分に、鯖イベントが催されました。メモリを見ずにぺっちん(若狭塗り箸の切れ端)を380グラム計る「ぺっちん380g当て」ゲームや、鯖への愛情を会場に向かって叫ぶ「鯖街道の起点で鯖愛を叫ぶ」では、参加者が賞品をめぐり競っていました。

ステージイベントは鯖イベントだけでなく、市内の小中学生が、部活動や調べ学習の成果を披露してくれました。小浜中学校、小浜第二中学校の吹奏楽部の演奏は雨雲も吹き飛ぶほどの勢いがあり、来場者は鯖料理を食べながら聞き入っていました。雲浜小学校と今富小学校の生徒は小浜の魅力を全国に伝える方法のアイデアを発表し、さばトラななちゃんの家族や、小浜で一日を過ごす「鯖づくしツアー」を提案してくれました。

22日は、NHK「きょうの料理」でもご活躍の本多京子先生(医学博士・管理栄養士)のキッチントークショーが開かれ、台風が近づく悪天候でしたが、多数の参加者が食文化館キッチンスタジオに集まりました。本多先生は新しい鯖料理をご紹介しながら、鯖をはじめとした魚の栄養素や塩分の摂り方など、日頃の食生活で工夫できることをお話ししてくださりました。

台風に負けない、若狭おばまの鯖への情熱にあふれた二日間でした。

かけはしサポーターがお月見の飾り付けを行いました!

食文化館の運営ボランティア、かけはしサポーターが、十五夜のお月見の飾り付けを行いました。

十五夜は旧暦8月15日の夜のことで、今年は10月4日に当たります。十五夜の月は仲秋の名月とも呼ばれ、全国的に月見の夜とされています。

月見は秋の収穫を祝う行事でもあるため、芋、豆、栗などを供える地域もありますが、主なお供え物は団子です。食文化館は、「十五夜」の数字に合わせて15個の月見団子をお供えしています。月見団子の隣には、ススキのほか、秋に咲く花々を飾っています。

ぜひ食文化館にお越しいただき、ご覧になってください。

企画展示「杉田玄白没後200年記念展示ー江戸の養生と食文化ー」が始まりました!

『解体新書』で知られている杉田玄白は、今年、没後200年を迎えます。玄白は、8歳から13歳までの少年時代を小浜の城下町で過ごし、隠居するまで小浜藩に仕えた、小浜市に大変ゆかりのある人物です。

玄白が生きた江戸時代は、食と養生の結びつきが特に注目され始めた時代です。本企画展では、玄白が一般向けの『養生七不可』という、健康に生きるための方法を書き残してもいることにちなみ、「養生」の視点から、当時の庶民が口にした食材・料理・食文化を紹介しています。

ぜひ食文化館にお越しいただき、ご覧になってください。 

展示期間:平成29年9月14日(木)~平成30年3月11日(日)
観覧料 :無料

町屋に地蔵盆の飾りつけを行いました!

食文化館では、ボランティアのかけはしサポーターが町屋に地蔵盆の飾りつけを行いました。

地蔵盆とは、毎年8月23日に子どもたちを中心に行われる地蔵の祭りです。小浜市の小浜・雲浜・西津地区などは、子どもたちが絵の具で石の地蔵にカラフルに色を塗る「化粧地蔵」がよく知られています。地蔵のために雛壇のような祭壇を作り、いろいろな供物を供えるのも特徴です。
写真にみえる五色の幡を作るのも子どもたちの仕事で、緑黄赤白青の紙をつないだ幡に「南無地蔵大菩薩」と筆で書きます。祭り当日には、子どもたちが幡を奪い合う「ハタトリ」が行われる地区もあります。

地蔵盆の飾りは今月23日まで展示しています。どうぞご覧ください。

「医食同源番外編 若狭東高生から教わる薬膳『薬膳のすすめ~梅雨編~』」を開催しました!

7月29日(土)、「医食同源番外編 若狭東高生から教わる薬膳『薬膳のすすめ~梅雨編~』」を開催しました。若狭東高校の生徒の皆さんが、これまでに学校で学習をすすめ何度も試行錯誤を重ねて考案したメニューを調理しました。

梅雨の時期は脾臓が弱り、余分な水分が体に溜まりやすく、むくみやすくなったり、だるさを感じたりといった症状が出てくるそうです。そのため、水分調節の効果があるハトムギや長芋、もやし、疲労回復効果のある梅や雑穀などを取り入れたメニュー構成となっていました。メニューを検討する段階では、何度も試作を重ね、例えば「ひじき入りチキンナゲット」であれば豆腐の割合が多すぎて味がまとまらなかったり、長芋をみじん切りにして入れると食感がイマイチだったりしたのを、豆腐を減らしてミンチを加えたり、長芋はすりおろして入れたりすることで、子どもから大人まで美味しく食べられるナゲットに仕上げたそうです。

参加者からは、「薬膳というと難しそうなイメージだったけど、生徒さんから丁寧に教わることができ、家でも取り入れられそうです」といった声が聞かれました。