かけはしサポーターが十五夜の飾り付けを行いました

今年の十五夜は、9月21日です。
かけはしサポーターが食文化館の町家に十五夜の飾り付けを
行いました。
十五夜の月は「中秋の名月」「芋名月」と呼ばれ、昔からお月見の日
として楽しまれてきました。
十五夜の頃は、サトイモなどの収穫期にあたり、ススキ・団子のほか
にイモ類を月に供えていました。
月見団子は、食文化館では十五夜の数字に合わせて十五個の団子を
お供えしています。ススキは、鋭い切り口が魔除けになると考え
られたことから、悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を
願う意味が込められています。

立命館大学共同プログラム 「小浜スタディ」

小浜市では、連携協定を締結している立命館大学食マネジメント学部との共同
プログラム「小浜スタディ」を2018年度から実施しています。
7月31日には、「小浜市の食と伝統行事」をテーマに1回生5名が宮川地区に
ある加茂神社の見学と行事食づくりに参加されました。
加茂神社では、神社総代である前野さんから「オイケモノ神事」について
ご説明いただきました。「オイケモノ神事」の起源は、8世紀初頭にさかの
ぼるといわれており、7種類の木の実などと牛の舌餅を木箱に入れて1年間
土に埋め、発芽状態で農作物の作柄を占う、全国でも珍しい行事です。
前野さんからは、神事に使用する7種の木の実の入手が難しくなっている
など、神事を継続する上での苦労話も聞かせていただきました。
行事食づくりでは、食文化館で、ボランティアグループの「かけはし
サポーター」と一緒に地蔵盆のお供えに使う団子とお膳を作り、飾りつけ
を体験していただきました。
半日という限られた時間でしたが、本日の体験が今後の学びの参考になれば
うれしいです。

 

おもしろ不思議クッキング① 「海水から塩を作ろう」

8月6日に夏休み企画として、おもしろ不思議クッキング①「海水から塩を
作ろう!」を開催しました。
若狭地方には土器製塩遺跡が約50カ所確認されていますが岡津区にある
岡津製塩遺跡は、それらの中でも極めて保存が良好なものとして国の
史跡に指定されています。岡津製塩遺跡では古墳時代から奈良時代に
かけて塩作りが行われており生産された塩が税として都に納められて
いました。今回は、小浜湾の海水を煮詰めて塩を作ります。
鍋に海水を入れて煮詰めていくと次第に白い塩が現れてきます。
出来上がった塩は、薄力粉に青菜とナッツを加えて焼き上げ、
塩ビスケット作りに使用しました。
参加された皆さんは、思い思いのかたちにしたビスケット作りを楽しみました。
次回は、8月10日におもしろ不思議クッキング②「玉ねぎの皮で絞り染めを
しよう!」で玉ねぎを使った実験と調理体験を行います。

 

7月の季節の調理体験

7月17日に季節の調理体験を行いました。
今月のテーマはスパイスです。
今回のメニューは、タンドリーチキン、ターメリックライス、梅風味のポトフ
手作りアイスと焼きバナナのシナモン風味で、ガラムマサラ、シナモンのスパイスを使用しています。
スパイスは、いつもの料理にちょっと加えて頂くと風味が良くなります。
スパイスの効いた料理は、これからの暑い季節にも食欲がわいてくるので最適です。

来月の季節の調理体験は、8月19日(木)、20日(金)に「イタリアの家庭料理」をテーマとして開催します。ぜひご参加ください。

さばりん★ スタンプラリー ー昭和タイムトラベル編ー 

市内5館連携展示として、食文化館では町家に
「オリンピックと食」をテーマとした展示を行っています。
昭和39年の東京オリンピックをきっかけとして
海外から多くの人が東京に集まり、日本に洋食が広まりました。
スタンプラリーは7月16日から8月31日まで実施しています。
市内5館(山川登美子記念館、御食国若狭おばま食文化館、
小浜町並み保存資料館、旭座、小浜市鯖街道MUSEUM)で
スタンプを集めて頂くとプレゼントがもらえます。
(先着合計100名様)この機会にぜひご来館ください。

黒糖わらびもち

7月10日の「グループマーメイドのおすすめ体験」は、「黒糖わらびもち」
でした。鍋にわらびもち粉と黒砂糖を入れて、水を加えて加熱しながら
木べらでかき混ぜると次第にねばりが出てきます。
皆さん、興味深そうに練りあげておられました。
よく冷やして、きなこをつけたわらびもちは、夏の味わいです。
次回は、7月24日(土)にフルーツ飴を予定しております。
ぜひ、ご参加ください。

フラワーフルーツサンド

「グループマーメイドの本日のおすすめ体験」は「フラワーフルーツサンド」でした。
食パンに、作ったたっぷりの生クリームとイチゴ、キウイを詰めて、10分ほど冷蔵庫で冷やします。
そのあと、イチゴが半分になるように中心を切ると、チューリップのかたちが出てきます。
皆さん、苦心してサンドイッチを切っていましたが、出てきたチューリップを楽しんでおられました。
7月10日(土)にも「フラワーフルーツサンド」の体験がありますので、ぜひご参加ください。

武者人形を展示しています。

今年は、6月14日が旧暦の5月5日にあたり、小浜市内には旧暦で節供を祝う地域もあります。それに合わせて、食文化館でも、町家に武者人形を展示しています。
この武者人形は、明治時代のものと考えられ、端午の節供に市内の民家で飾られていたものです。。
端午の節供の飾りは、江戸時代から昭和初期にかけて、男子の健やかな成長を祈り、鎧や兜をつけて人形が飾られていましたが。昭和に入ると、兜だけを飾るなど小型に変化しました。
ご来館の際は、ぜひご覧ください。

鯉のぼりのプレゼント

5月5日(水・祝)に、子どもの日イベントとして、

かけはしサポーターが作った鯉のぼりとかぶとを

ご来館頂いた先着30名の方にプレゼントしました。

食文化館の楽しい思い出になればうれしいです。

また、ぜひご家族で遊びにお越しください。

 

 

 

ゴールデンウィークのご来館

今年のゴールデンウィークのイベントは新型コロナ感染拡大防止のため

中止とさせていただきましたが、食文化館内では、記念撮影スポットで

たくさんの鯉のぼりをバックに記念撮影をしていただけます。

また、2階の若狭工房では、若狭の伝統工芸を使用した楽器展

(若狭塗の横笛、若狭めのうのオカリナ、若狭和紙の太鼓、

若狭瓦のマリンバ)を開催中です。

ぜひ、お立ち寄りください。