柏餅作りを行いました!

5月5日(金)こどもの日の今日は、柏餅作りを行いました。

柏の木は、次の新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。

ここから、こどもが生まれるまで親は死なない、後継ぎが途絶えない、という「子孫繁栄」の意味が込められ、端午の節句には柏餅が食べられるようになったそうです。

県外から参加した女の子は、大きな餡玉を生地からはみ出さないように包むのに苦労していましたが、ホクホクと蒸し上がった柏餅を見て大満足の表情でした。

かけはしサポーターのきなこあめ作り&畑作り!

今日、食文化館では、ボランティアのかけはしサポーターがきなこあめ作りと畑作りを行いました。

きなこあめの材料は黒砂糖ときな粉、水飴、水です。鍋に材料を入れて火にかけたときのポイントは、あまり混ぜずに、鍋の方をゆすることです。きな粉を入れたボールに鍋の材料を流し込んだら、全体が混ざるようによくもみます。

きな粉と材料がよく混ざったら、棒状に伸ばし、一口大にカット。きな粉をまぶしたら出来上がりです。完成したきなこあめは、5月5日(金)に食文化館にお越しのお客様に振る舞う予定です。昔懐かしい風味をどうぞご期待ください。

また、午後からは食文化館の畑で農作業を行いました。今年植えた野菜は、キュウリ、トマト、ピーマン、ゴーヤ、オクラ、サツマイモ。サツマイモは紅あずまと鳴門金時の2種類です。

畑に水をたっぷりあげて、作業完了です。立派に美味しく育ってくれるといいですね。

G.W.イベント「町家であそぼう」!

連休初日の今日、食文化館では、ゴールデンウィークイベント「町家であそぼう」を開催しました。

食文化館の町家の軒先に多くの家族連れが立ち寄り、お手玉やけん玉のほか、型抜きという昔ながらの遊びをして盛り上がりました。

また、食文化館ボランティアの「かけはしサポーター」と一緒に、町家の畳の部屋で紙細工の鯉のぼりを作りました。

人気があったのは、大きな絵の鯉のぼりと、小浜で捕れる魚の写真をつかったのぼりでした。魚のぼりは、サバのようにヒレが細かいものもあり、はさみで切るのは難しいですが、子どもたちは最後まで集中して作っていました。完成したら、新聞紙で折った兜をかぶって記念撮影。連休で楽しい思い出がたくさん作れるといいですね。

かけはしサポーターの「へしこ」作り Part2

今日、足湯びらきのあと、食文化館運営ボランティアのかけはしサポーターが、へしこの本漬けを行いました。
先週6日(木)の塩漬けから1週間。鯖を並べた樽の中には、塩漬けで出来た汁(すえ)でいっぱいになっていました。すえに水を加え、その中で鯖の塩を洗い落としたあと、糠をたっぷりまぶしていきます。

樽に鯖を並べるとき、一段ごとに切唐辛子と昆布をふりかけるのがポイントです。唐辛子は虫よけ効果があり、昆布はへしこの味を調えてくれます。
重石で蓋をして日陰に置いたら、今度は7~10ヶ月待ちます。美味しいへしこを期待しましょう。

足湯びらきをしました!

今日は、浜っ子こども園の園児を招待して、毎年恒例となった足湯びらきを行いました。雲ひとつない晴天のもと、足湯の前で園児代表がテープカット。園児たちは足湯に入ると、「あったかい」「気持ちいい」と笑顔が弾けました。
足湯は11月末まで(第三水曜日・悪天候時は休業)、無料にてご利用いただけます。ぜひ、お立ち寄りください。

かけはしサポーターの「へしこ」作り Part1

4月を迎えて気温も上がり、小浜も段々と春らしくなってきました。
食文化館では、館の運営ボランティアのかけはしサポーターのみなさんが、へしこの塩漬けを行いました。

去年のへしこ作りには鯖が30尾使われましたが、今年は何と2倍の60尾。塩の量も4kgから8.5kgに増やしました。
作業は鯖の背開きから始まり、内蔵とエラを取り除きます。鯖のエラは大きく、きれいに取り除くのは大変です。サポーター総出で水洗いまで終えると、調理台は鯖で山積みになりました。
塩をたっぷりまぶした後、樽に並べるときのポイントは、鯖の背を下にして並べること。これで鯖の水分がよく落ちます。

重石で樽に蓋をして、1週間置いたら、次回はいよいよ糠を使った本漬けです。

鯖ウィークin若狭小浜

3月3日から12日までの「鯖ウィークin若狭小浜」がはじまりました。
小浜は鯖と関わりが深い地域です。
昨年からは、鯖の養殖もはじまり、鯖への注目が一層深まる中、3日の11時38分の「イイ サバ」のゴロに合わせて、松崎市長が「鯖を愛するまち」宣言を食文化館で行いました。
また、国内外で鯖料理専門店を経営している「鯖や」との連携協定を結ぶなど、小浜と鯖の関係がより深くなりました。

まず、3日からは企画展「若狭おばまと鯖」を行ったほか、4日には「鯖の料理を楽しむ会」を開催しました。
「鯖の料理を楽しむ会」は、鯖を使った伝統料理や創作料理など10品を作り、参加者らで味わいました。
春を感じる桜の花が入った鯖ずしや、揚げた鯖をネギや大根おろしで煮た鯖とねぎのおろし煮などは、中でも人気が高く、とてもおいしいと食がすすみました。

ひな人形を飾りました

今日は、館の運営ボランティアのかけはしサポーターで、ひな人形を飾りました。

館の町屋には7段のひな人形を、市役所の1階には1段のひな人形の2種類を飾りました。

最近は7段飾りの人形だけを飾っていたので、久しぶりに展示する人形の飾りつけは、みんなで確認しあいながら展示しました。
飾り終えると、一気に部屋が明るくなり春の訪れを感じるようになりました。

ひな人形は、食文化館の町屋と小浜市役所の1階にそれぞれ、4月3日(旧暦の3月3日)まで飾ってありますので、ぜひご覧ください。

大雪

天気予報で寒波が来るという情報はありましたが、2月10日の夕方から大変な勢いで雪が降り積もりました。
翌11日の朝には、場所によっても異なりますが約70センチもの積雪になりました。
食文化館の周辺も雪景色が一面に広がり、雪かきに奮闘する週末となりました。

バレンタインのお菓子を作りました

2月5日に、食の達人の吉見妙子氏に教わり、バレンタインのお菓子作りを行いました。ハート型にくりぬいたスポンジケーキにチョコをコーティングしてアラザンなどで飾りつけたり、コーンフレークとチョコを混ぜ合わせて固めたりして、かわいいチョコが出来上がりました。
仕上げにボックスもシールでデコレーションし、親子で参加の方も「子どもでも簡単に出来て良かった」と大好評!皆さま笑顔で持ち帰られました。