2009年1月

お米づくしのイタリアン

 今回は、日本でも馴染みの深いイタリア料理の中からお米料理ばかりを取り上げ、地元のイタリア料理レストランシェフを講師に招いての料理講習を開催しました。
 トマトジュースを加えて炊いたご飯をサラダ、リゾット、スープ、コロッケ、デザートにアレンジしました。
 参加者はいつもと一風変わったお米料理を楽しんでいました。

箱膳教室

 平成20年度にっぽん食育推進事業の一環として、株式会社兵左衛門の中道久次さんを講師に迎え、町家にて箱膳教室が行われました。
 お箸の持ち方から始まり、箱膳という作法の形を中心とした講義のあと、実際に食事体験をしました。

おむすびの日

 今日、1月17日は「おむすびの日」です。
 阪神・淡路大震災の際、被災者はボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられました。
 この「おむすびの日」にちなんで、グループマーメイドが かまどで炊いた塩おむすびをふるまいました。
 ボランティアの善意やお米の大切さを、もう一度見直したい日です。

文化交流

 中国・浙江省浙江林学院の皆さんが冬季修学旅行で食文化館に訪れ、茶会や和紙づくり体験をしました。
 1階の町家では遠州流小浜支部の竹下宗智さんらが、2階の工房では和紙工芸師の芝三津男さんが指導にあたり、日本文化への理解を深めました。

食文化館の小正月

 小正月(1月15日)には、邪気を払い万病を防ぐ意を込めて小豆粥に鏡割りのお餅を入れていただく風習があります。
 今日(11日)、食文化館ではグループマーメイドによる、小浜産もち米で作ったお餅を入れた、ほんのり塩味の小豆粥をふるまいました。
 今朝の小浜は一面、銀世界。訪れた家族連れは、アツアツの小豆粥で体をあたためていました。

御食国のオリジナル七草がゆ

 地産地消にこだわった「七草がゆ」をふるまいました。
 年末についた餅と、かまどで炊いた粥に、グループマーメイドのメンバーが摘んだ七草を加えて作りました。
 お正月で疲れた胃にも優しいと好評でした。

ときどき・さばトラななちゃん

 今日もふるまいがあると勘違いして来てくれました。

かるた開き

 食文化館の町家において、小浜市かるた協会「沖の石」の皆さんによる初手合わせが行われました。
 厳粛な空気の中、鮮やかな手さばきに多くの方々が足を止めて見入っておられました。

福笑い

 食文化館では、あちらこちらに福笑い「さばトラななちゃん」が潜んでいます。
 見つけて遊んでね♪

明けましておめでとうございます

 食文化館は、グループマーメイドさん や かけはしサポーターさん をはじめとした多くの方々に支えられながら、皆さんをお迎えしています。
 今年もよろしくお願いいたします。