2007年3月

◆キッズ・キッチン拡大編「御食国のごちそう」

 今回のキッズ・キッチン拡大編「御食国のごちそう」では、昔から若狭小浜で食されている食材をふんだんに使い、焼き鯖の押し寿司、若狭わかめと豆腐のすまし汁、丁稚ようかんの三品を作りました。
 焼き鯖の押し寿司は、子どもでも力が入るようにと、牛乳パックを押し型に使って作りました。
 参加した子ども達は楽しそうに、型から出した酢飯に、炒り卵やゆで野菜など、色とりどり工夫を凝らし、飾り付けをしました。

いっしょにつくろ!

今回は、大人と子どもが一緒に料理を体験する企画の
1回目。

「楽しく」「簡単に」作ることが出来て、しかも「おいしい」
おやつ作りに挑戦しました。

ホットケーキミックスを皮に使った肉まん、
ごはんにじゃこやチーズを加えて焼いたせんべい、
米粉でつくるクッキー の3品をつくりました。

誰かと一緒に作る楽しさを感じてもらえたでしょうか?

キッズキッチン拡大編「豆のパワー」

 今回は「豆のパワー」と題し開催しました。子供たちは、大豆が豆腐や味噌などに使われている身近な存在であり、しかも栄養豊富な食品であることを学びました。
 また子供たちは、実際に石臼で大豆をひき、きな粉を作ったり、豆乳にニガリを入れて豆腐を作るなど、目を輝かせながら、興味津々な様子で臨んでいました。実際に出来上がった豆腐やきな粉はその場で試食し、その風味、味覚などを堪能しました。