2017年3月

鯖ウィークin若狭小浜

3月3日から12日までの「鯖ウィークin若狭小浜」がはじまりました。
小浜は鯖と関わりが深い地域です。
昨年からは、鯖の養殖もはじまり、鯖への注目が一層深まる中、3日の11時38分の「イイ サバ」のゴロに合わせて、松崎市長が「鯖を愛するまち」宣言を食文化館で行いました。
また、国内外で鯖料理専門店を経営している「鯖や」との連携協定を結ぶなど、小浜と鯖の関係がより深くなりました。

まず、3日からは企画展「若狭おばまと鯖」を行ったほか、4日には「鯖の料理を楽しむ会」を開催しました。
「鯖の料理を楽しむ会」は、鯖を使った伝統料理や創作料理など10品を作り、参加者らで味わいました。
春を感じる桜の花が入った鯖ずしや、揚げた鯖をネギや大根おろしで煮た鯖とねぎのおろし煮などは、中でも人気が高く、とてもおいしいと食がすすみました。

ひな人形を飾りました

今日は、館の運営ボランティアのかけはしサポーターで、ひな人形を飾りました。

館の町屋には7段のひな人形を、市役所の1階には1段のひな人形の2種類を飾りました。

最近は7段飾りの人形だけを飾っていたので、久しぶりに展示する人形の飾りつけは、みんなで確認しあいながら展示しました。
飾り終えると、一気に部屋が明るくなり春の訪れを感じるようになりました。

ひな人形は、食文化館の町屋と小浜市役所の1階にそれぞれ、4月3日(旧暦の3月3日)まで飾ってありますので、ぜひご覧ください。