2016年11月

10月30日に「2016 鯖サミット in  若狭おばま」 を開催しました!

当初、10月29日、30日の2日間を予定していましたが、初日は、あいにく悪天候のため中止となりました。
多くの人が楽しみにしていたイベントでしたが、驚くほどの強風が一日中吹き続き、大変残念でした。

翌日の30日は、前日の予定を一部もちこしたため、より盛りだくさんなイベントになりました。
10時から「鯖、復活プロジェクト」で、市内で養殖された鯖「新・小浜鯖」がお披露目されました。

鯖の養殖に取り組む漁業者さんが見守る中、鯖は水槽を元気に泳いでいました。
鯖が泳ぐ姿を見るのは、皆、はじめてで、見入ってしまいました。
この養殖鯖は刺身で食べられるのが特徴で、早速、水槽から鯖をすくい、活造りにされました。

午後からは、(株)ウエカツ水産 上田勝彦氏の鯖のしめ方、おいしい調理法などの鯖トークが行われました。
続いて小浜市、唐津市、鳥取県・JR西日本の各地の自慢の鯖文化と養殖についてや株式会社 鯖や 右田孝宣氏が鯖の可能性を広げる話などのシンポジウムが行われました。

14時からは、内外海小学校と雲浜小学校の生徒による鯖学習の発表がありました。
実際に歩いた鯖街道の紹介や、なれずし作り、自分たちが考えた鯖グッズなどの発表がありました。可愛い子どもたちが一生懸命、発表する姿に、会場にいた人は熱心に聞き入りました。
各地の面白い様々な取り組みがあり、鯖への期待や可能性はとても大きく、このイベントを通して、さらに膨らんだように思いました。

また、食文化館周辺の全国の鯖に関する店舗のほか、市場会場でも多くの店舗が立ち並び、多くの人が足を止めていました。
市場会場では、船場汁や七輪焼きなど市場のグルメやとれたて物産展などが行われました。また時間帯によっては、菓子撒きやYOSAKOI、バルーンアートショー、音楽演奏隊など様々なイベントも行われました。
さらに、食文化館と市場を結ぶ道には、キッチンカーやフリーマーケットが並ぶなど、見どころ満載のイベントでした。

他にも、海のガーデン会場ではPK対決で競い合う、蹴-1GPなどが行われました。

1日だけでは、もったいないイベントでしたが、大変多くの方にお越しいただき、「鯖」や「小浜」を満喫していただきました!

「巻き寿司をマスターしよう!」を開催しました

11月5日に、今年の企画展示とキッチンの関連イベント「巻き寿司をマスターしよう!」を開催しました。
今回は、基本の海苔巻きと4種類の海苔巻きを玉子で1つに巻いた「六車巻き」の2種類を作りました。

六車巻きは、ゴマ、キュウリ、ユカリ、鯖缶で作ったそぼろの具材を入れました。
普通の太巻きよりも太くなりますが、玉子で上手に1つに巻くのがポイントです。
参加者同士で丁寧に確認し合いながら、巻きあがると、「出来た!」と皆で大喜びしました。
完成した巻き寿司は各自家に持ち帰り夕食にいただきました。