2016年8月

ドイツの高校生が調理体験を行いました

7月28日、「日独スポーツ少年団同時交流事業」の一環で、ドイツから来た高校生達が調理体験を行いました。

メニューは、小鯛の手まり寿司、くるみパン、鶏肉とねぎの照り焼き、わかめときゅうりの酢の物、くずまんじゅうの5品でした。

言葉が通じない中でも、グループマーメイドさん(キッチンの運営ボランティア)のジェスチャーを見ながら、何とか皆で協力して作り上げました。

手まり寿司のワサビやくずまんじゅうのあんこが苦手な方もいましたが、五感を使って日本の食に触れられるよい機会となりました。

洋食屋のふわとろオムライスを作ろう!を開催しました

「洋食家がじゅまろ」の勇村さんに講師をしていただき、昨年実施して大人気だったことから今年度は2回開催することになりました。

ふわとろオムライス作りには火加減や手早い作業、フライパンの動かし方などが重要だということを教わり、参加者達は緊張の面持ちで挑戦していました。脇役になりがちな生野菜についても、食べる人のことを考えた丁寧な扱いを心がけるといったことを教わり、皆深く頷いていました。

食文化館の入館者300万人突破!

7月31日に食文化館は、入館者300万人を突破しました!
2003年9月の開館から約13年間、多くの方に御協力いただき歩んできました。

記念すべき300万人目は、亀岡市からお越しの久我さんご夫婦で、突然の出来事に驚かれながらも喜んでいただきました。
これからも、若狭小浜の魅力をたっぷりと紹介する展示やイベントなど開催してまいりますので、ぜひお越しください!