四季と行事食「冬至と運のあがる食」

12月22日は、二十四節気のひとつ、「冬至」です。
一年で最も夜が長く、昼が短い日とされていて、この日を境に、少しずつ昼の時間が長くなると言われます。

冬至に食べるものといえば、かぼちゃ「なんきん」ですね。
冬至には、なんきん、こんにゃく、にんじんなど、「ん」のつく食材を食べると、運が巡ってくると言われています。

小浜市松永地区には、冬至に、小豆とこんにゃく、里芋を、砂糖と醤油などで甘く煮た「いとこ煮」を食べる風習があります。

小豆や里芋が体を温めるだけでなく、こんにゃくで運もつく「いとこ煮」。
しっかり食べて、体に沢山の運を取り込みたいですね。

※以上の内容は、12月11日にチャンネルOの番組「四季と行事食」(食文化館監修)として放送されたものです。

トラックバックURL: http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/mermaid/diary/wp-trackback.php?p=3640