2013年4月

かけはしサポーターの昭和の日イベント

 4月29日の「昭和の日」にあわせて、昭和にタイムトリップして遊ぼうをテーマに、当館の運営ボランティアのかけはしサポーターによるイベントを開催しました。
 新聞紙でかぶとを折ったり、手作りのきな粉飴をふるまうなどのほか、おはじきやめんこも用意しました。
 最近では、新聞紙でかぶとを折ることも珍しくなり、かぶとを折るにも一苦労でしたが、かぶとが完成し、頭にかぶると大人も子供も自然と笑顔になりました。
 なかでも、「こいのぼり」のペーパークラフト作りは大人気で、多くのご家族や留学生たちにご参加いただきました。
 

 また、手作りのきな粉あめも大人気で、大人には「子どもの頃によく食べた懐かしの味で懐かしいわ。とっても美味しい!」と喜んでいただいたほか、「この飴はどこに売っているの?」と聞いてくれた子もいました。
 多くの方にご参加いただき、とっても素敵な笑顔や元気を頂いた1日でした。

食文化館のGW

 今年もGWが始まりました!
 食文化館では、こいのぼりが元気におよぎ、皆さまのご来館を首を長くしてお待ちしております。

 食文化館のキッチンや工房では、当日参加が可能なイベントも開催しておりますので、ぜひ、食文化館へ遊びに来てください!

 また、濱の湯では遠敷保育園の園児たちによる「こいのぼり」などの絵を飾っていますので、こちらもぜひ、お越しください。

 ※食文化館のGWのイベントにつきましては、「食文化館かわらばん」をクリックしてご確認ください。

 

浜っ子こども園の園児たちと「足湯開き」をしました!

 冬の間は休業していた足湯を4月8日に、浜っ子こども園年長組園児を招き、「足湯開き」を開催しました。昨日までの悪天候がうそのように、天気にもめぐまれ、35名の可愛い園児たちが楽しく足湯を楽しみました。
 
 
 今年は、園児たちにヒノキの木片に絵や家族へのメッセージを書いてもらい、足湯に浮かべて足湯に入ってもらいました。
 「書けた!」と見せてくれたヒノキの木片は、とってもかわいい絵ばかりでした。
まだ風は冷たかったので、「あったかくて気持ちいい!」と、足湯に入りみんな大喜びでした。
 また、家族と一緒に足湯に遊びに来てね!