メニュー

住民異動の届出

最終更新日:2010年9月8日

ページID:149

住民登録(住民基本台帳)は、住民の居住関係を明らかにするため、住所地の住民票に登録する制度です。
市内に転入したとき、市内で住所が変わったとき、世帯主が変わったとき、市外へ転出するときなど、届出が必要です。
*外国人住民の方は、転入および転居の手続きの際、必ず在留カードまたは特別永住者証明書(みなしカードを含む)をご持参ください。
[住民異動の届出]

種 類 届出の期限 届出に必要なもの
転 入 届
≫他の市区町村から
引っ越してきたとき
住所を定めた日から
14日以内
・ 前住所地の市区町村役場発行の
転出証明書
・ 国民年金手帳(加入者のみ)
・ 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・ 本人確認出来るもの(マイナンバーカード、免許証、健康保険証など)
 ※90日以内にマイナンバーカードの継続利用の手続きが必要です
転 出 届
≫他の市区町村に
引っ越すとき
≫郵送で届出される場合、
下記の関連文章の用紙をご利用ください
転出する前に
あらかじめ届け出る
・ 印鑑登録カード(登録者のみ)
・ 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・ 後期高齢者医療被保険者証(受給者のみ)
・ 子ども医療費受給資格証(受給者のみ)
・ 介護保険被保険者証)
・ 本人確認出来るもの(マイナンバーカード、免許証、健康保険証など)
転 居 届
≫市内で住所を変えたとき
転居の日から
14日以内
・ 国民年金手帳(加入者のみ)
・ 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・ 後期高齢者医療被保険者証(受給者のみ)
・ 子ども医療費受給資格証(受給者のみ)
・ 本人確認出来るもの(マイナンバーカード、免許証、健康保険証など)
世帯主変更届 届出のときから
効力があります
・ 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。