メニュー

令和5年4月から「ごみの出し方」が変わります

最終更新日:2023年10月1日

ページID:5909

 市のごみ焼却施設である「小浜市クリーンセンター(谷田部)」は、令和5年3月31日で運転を終了します。

 4月からは、小浜市・高浜町・おおい町・若狭町の4市町で構成する若狭広域行政事務組合が建設する「広域ごみ焼却施設(高浜町水明)」で可燃ごみの共同処理を行います。

 これに伴い、4月からごみの分別方法やごみの持ち込み先などが変更になります。 

分別の変更について

 新しい施設では、ごみを燃やすことで発生する熱エネルギーを利用し発電を行います。

 施設が持つ発電機能を有効に活用するために、次のとおり分別を変更します。

 ※その他の分別については、変更ありません。

「その他プラスチック」の分別を廃止し、「燃やすごみ」に変更します

令和5年3月末まで 令和5年4月以降

その他プラスチック

〇容器包装プラスチック

 (例)食品トレイ、ビニール袋、油の容器

     CDなどのケース、発泡スチロール

▶ 

燃やすごみ

 「埋立ごみ」の分別を一部変更し、「燃やすごみ」に変更します

令和5年3月末まで 令和5年4月以降

 埋立ごみの一部  

〇硬質プラスチック類

 (例)バケツ、ハンガー、ビデオテープ       

〇ゴム製品

 (例)長靴、ゴムホース、ゴム手袋

〇革製品

 (例)かばん、靴、ベルト

▶  

燃やすごみ

市指定ごみ袋について

 「その他プラスチック」の分別がなくなることに伴い、4月以降、「その他プラスチック」の指定ごみ袋の販売を停止します。

 なお、 購入済みの「その他プラスチック」の袋は、「燃やすごみ」の袋として使用できます。(期限はありません)

ごみの収集について

 これまでどおり、地区内の集積場所に出すことができます。

 収集の曜日や回数は今までと変わりませんが、「その他プラスチック」の収集がなくなります。

ごみの持ち込み先について

 燃やすごみのほか、木製の家具や畳、布団などの粗大ごみは、直接、「広域ごみ焼却施設」に持ち込むことができます。

広域ごみ焼却施設 【愛称:若狭広域クリーンセンター】

 ◇所在地  高浜町水明1

 ◇営業日  月曜日から金曜日(祝日含む)、第2・4日曜日

 ◇持ち込み受付時間  9時から16時

 ◇休 み  毎週土曜日、第1・3・5日曜日、年末年始(12月31日から1月3日)

 ◇持ち込み手数料

区分 種類・単位 ※金額(税抜き)
燃やすごみ
 
家庭系ごみ・10㌔までごとに 令和5年度  20円
令和6年度  30円
令和7年度  40円
令和8年度以降  50円
事業系ごみ・10㌔までごとに 100円

燃やすごみのうち粗大ごみ

(燃やすごみの料金に加算)

家具類1個につき 300円
畳・布団類1枚につき 200円

※家庭系ごみの持ち込み手数料は、広域施設へ移行したことによる影響を考え、経過措置期間を設けます

広域可燃ごみ中継施設 【愛称:若狭広域サテライトセンター】

 「広域ごみ焼却施設」と同時に利用開始を予定していた「広域可燃ごみ中継施設(若狭町日笠)」は、建設工事の着工が遅れたことにより、令和5年3月末までの完成が見込めなくなりました。現在、令和6年2月の利用開始を予定しています。

このページに関するお問い合わせ先

環境衛生課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。