文字サイズ
背景色

子育てに関するお問い合わせ

トップページへ

児童手当

 児童手当は、保護者(父母等)が子育てについての責任を有するという認識の下、児童を養育する保護者に手当を支給し、次代の社会を担う子どもの健やかな成長に資することを目的とする制度です。

 小浜市に住民票の住所があり、0歳から中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)前の子どもを養育されている方に支給。

※ただし、公務員は勤務先からの支給となります。

 

支給額

児童手当の支給額は次のとおりとなります。

  • 0歳~3歳未満(一律)        15,000円
  • 3歳~小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
  • 3歳~小学校修了前(第3子以降)   15,000円
  • 中学生(一律)            10,000円
  • 特例給付(所得制限額を超えている場合、年齢に関係なく一律)
    ※当分の措置として           5,000円
  • 児童手当の支給後、公務員となっていた場合などによる2重支給が判明した場合は、受け取った手当を返還していただきます。

 

 

所得制限

 父母(児童を養育している方とその配偶者)の所得が次の額以上の場合、特例給付を支給します。
 扶養親族人数により限度額が異なります。

  • 0人  622万円
  • 1人  660万円
  • 2人  698万円
  • 3人  736万円
  • 4人  774万円
  • 5人  812万円

 

 ここで数える扶養親族数とは、会社等に勤めている方が扶養親族等申告書に申告した人数や、確定申告の際に申告している扶養人数になります。

所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族が含まれている場合は、上記の限度額に、1人につき6万円を加算します。

扶養親族数が6人以上の場合は、5人を超えた1人につき38万円を加算します。

※所得の更生があったときは、更生後の所得で再審査します。所得制限額を超過していた場合、すでにお支払いした児童手当は、今後支給する手当との相殺もしくは返還していただきます。

 

支給時期

  • 2月15日(前年の10月~1月分として)
  • 6月15日(2月~5月分として)
  • 10月15日(6月~9月分として)

 

児童手当を受け取るには

 保護者がお住まいの市町村での申請が必要です。原則として、申請した月の翌月分から手当が支給されます。
 なお、出生、転入又は災害などやむを得ない理由により申請ができなかった場合、15日以内に認定請求をすれば、転入等の日の属する翌月から支給されます。

 

受給者になる方

基本的にお子さんの父母のうち、次の要件からお子さんの生計をたてる中心となる方が受給者になります。

 

監護要件

 お子さんの面倒をみておられる方に、お子さんの養育費として使っていただくために支給するのが児童手当です。そのため、お子さんの面倒を見ておられることが、受給者の前提条件となります。
 ただし、仕事や通学などの理由で別居をされている場合でも、定期的に会っておられる場合などは監護している(面倒をみている)とみなされます。

 

生計要件

 父母のうちどちらの収入が高いか、どちらがお子さんの健康保険の扶養をされているか、どちらが世帯主であるかなどを基準として、生計中心者とみなします。

 

※監護要件を満たしたうえで、父母のうち、生計要件の高い方が受給者となります。

 

認定請求の際に必要なもの

  • 印鑑(シャチハタ以外)
  • 受給者の健康保険証
  • 振り込み先口座が確認できるもの(受給者名義のものに限ります)
  • 受給者の住所地が小浜市で、子どもの住所地が市外の場合、子どもおよび同居者全員が記載された住民票

※その他、必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

 

こんな時には手続きが必要です① [変更手続き]

  • お子さんが生まれたとき
  • 他の市町村に住所が変わったとき
  • 子どもと別居するとき
  • 対象となる子どもがいなくなった、又は減ったとき
  • 振り込み口座の内容を変更したとき
  • 公務員になったとき、公務員を辞めたとき  など

 

こんな時には手続きが必要です② [現況届]

現況届は、法律で毎年の提出が義務付けられている書類です。

  • 毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当を引き続き受け取る要件を満たしているかを確認します。
  • 要件とは、子どもの監督や保護(面倒をみているかどうか)、生計が同一であるかなどを指します。

 

現況届に必要な添付書類は、次のとおりです。

  • 健康保険証の写し
  • 子どもと住所が違う場合は、別居監護申立書と子どもの住所が小浜市外の場合は住民票

 

子どもが海外にいる場合

 子どもが海外に住んでいる場合は、原則児童手当を受け取ることはできません。ただし、お子さんが海外に留学している場合は受け取ることができます。

 

寄付について

 児童手当の全部又は一部の支給を受けずに、小浜市に寄附し、小浜市の児童の健やかな成長を支援するために役立ててほしいという方には、簡便に寄付を行う手続きがあります。
 ご関心のある方は子ども未来課にお問い合わせください。 

関連文書ダウンロード

Adobe Acrobat Readerダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。
お持ちでない方は、左記のリンク先よりAdobe Reader®をインストールしてご覧ください。