メニュー

中華人民共和国浙江省平湖市

最終更新日:2012年12月18日

ページID:131

市の概要

平湖市は、中国東部沿海の長江三角州地域で浙江省の東北に位置し、東は上海に隣接し、南は杭州湾を臨みます。
気候は、温暖な亜熱帯モンスーン気候で、四季の移り変わりがはっきりしています。
年間平均気温は16℃で降水量は約1,100mmlです。面積は、陸地が554平方km、海域が1,070平方kmを有し、海岸線は27kmあります。
人口は約50万人です。
歴史は古く、紀元前222年に海塩県として設立され、1430年、大易、武原、斉景、華亭の4つの郷が海塩県から分けられて平湖県が設立されました。
産業として、農業では、スイカ、酒粕漬け卵、グリンピース等は、国内外によく知られています。
1988年には国務院から「沿海経済開発区」に指定され、経済は急速な発展を遂げています。
中でもアパレルと光学機電、製紙、かばんの4つの特色ある中心産業と医薬、化学工業などの新興産業が重要な産業となっています。
中華人民共和国浙江省平湖市
(当湖第一橋 )
中華人民共和国浙江省平湖市
(特産のスイカ )
中華人民共和国浙江省平湖市
(浙江省平湖九竜山レジャーランド )
 

協議書原文 平成23年10月7日友好都市関係の提携に関する協議書調印

日本国福井県小浜市と中華人民共和国浙江省平湖市は、2006年に両市間で友好交流関係を結んでから良好な交流関係を築いてきた。そしてこの度両市の提携と交流を更に推進し両市民の相互理解と友情を更に深めるため、日中国交正常化コミュニケと平等互恵の原則に基づき、双方は友好的に協議し友好都市関係を提携することに合意する。一、双方の各分野での提携と交流を促進するため、両市間の相互派遣を、原則として隔年ごとに実施する。二、教育分野においては、双方の国で学びあい、生活や文化を体験することを通じて友好の輪を広げるため、学生および教師の相互交流を推進する。三、観光分野においては、様々な場面で相手都市の観光資源を積極的に宣伝するとともに、双方の観光政策についての意見交換を行う。四、文化交流活動分野においては、双方がもつ多様な文化を学びあうとともに、様々な行事を通じ積極的な交流を図る。五、経済貿易分野においては、双方企業間の提携を促進する。六、本協議書は、2011年10月7日、小浜市にて調印し、調印の日により発効する。七、本協議書は日本語と中国語2種類の言語で作成し、両方とも効力を有する。

このページに関するお問い合わせ先

文化交流課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。