メニュー

小浜市住まい支援事業(令和4年度)

最終更新日:2022年5月2日

ページID:4859

小浜市では多世帯同居・近居の推進や定住促進、子育て世帯等の住環境の向上を目的に、所有住宅のリフォーム、空き家の購入・リフォーム、旧耐震住宅の建替えへの支援を行います。
【期間】
令和4年6月1日から
※予算額に達し次第申し込みを締め切ります。
【支援内容】
1.多世帯同居支援型
2.子育て世帯等支援型

1.多世帯同居支援型

子育てや介護の面で助け合いながら暮らすことのできる多世帯同居の推進を図ることを目的に、多世帯同居を行う住宅の所有者に対して改修工事等に要する費用の一部を支援します。

対象者
下記すべてを満たす者
・小浜市内で自ら所有する一戸建て住宅を改修し、新たに多世帯同居をする者または多世帯同居の世帯数が1以上増加する者
・市税等の市の徴収金を滞納していない者
※多世帯同居については別添 「多世帯の考え方」 を参照ください。

対象となる工事
※下記1から3すべてを満たすもの
1.多世帯同居に必要となる工事で次のいずれかに該当する工事
ア 間取りの変更に関する工事
・既存住宅の間取りの変更および増築を伴う間取りの変更に関する工事
(既存住宅の間取りの変更を伴わない増築を含む)
イ バリアフリー改修工事
・ 手すりの設置(浴室、便所、洗面所、居室、廊下、階段等)
・ 段差の解消(屋外に面する出入口、浴室、屋内等)
・ 廊下幅等の拡張(通路、出入口等の拡張)
ウ 設備の改修工事
・台所、浴室、便所、洗面所等に関する工事
エ その他関連工事
・同居人数の増加に伴う浄化槽の入れ替え工事
2.福井県内に本社または本店を有する建設業者等が施工する工事
3.本年度中に改修を完了する工事

補助額
補助対象費用の2分の1(最大60万円)

申込方法
市役所にある申請書に必要書類を添えて提出してください。
(詳細条件等もありますので事前協議をお願いします。)

注意事項
着工前申請になりますので、着工後の申請は受付できません。

2.子育て世帯等支援型

小浜市への定住の促進、子育て世帯等の住環境の向上および空き家住宅の有効活用を図ることを目的とし、空き家の購入・リフォーム、旧耐震住宅の建替えを行う子育て世帯等に対し、その費用の一部を支援します。

対象者
次のいずれかに該当する方で、10年以上小浜市に居住する見込みのある方
【空き家購入補助】
・空き家を購入した子育て世帯、移住者、新婚世帯、進出企業の従業員等、新たに多世帯同居をする者、新たに多世帯近居をする者
【空き家リフォーム補助】
・空き家を購入または賃借した子育て世帯、移住者、新婚世帯、進出企業の従業員等、新たに多世帯同居をする者、新たに多世帯近居をする者
・空き家のリフォームを行い賃貸する所有者等
【旧耐震住宅の建替え】
・旧耐震住宅の建替えを行う子育て世帯、移住者、新婚世帯、進出企業の従業員等、新たに多世帯同居をする者、新たに多世帯近居をする者

対象となる住宅
ふくい空き家情報バンクに登録されている一戸建て住宅
(多世帯近居、旧耐震住宅の建替えの場合はふくい空き家情報バンクに登録されている一戸建て住宅であることを要しない)

補助額
【空き家の購入・リフォーム】
補助対象費用の3分の1
(立地適正化計画における居住誘導区域内の場合、最大60万円、居住誘導区域外の場合、最大30万円)
【旧耐震住宅の建替え】
補助対象費用の3分の1
(立地適正化計画における居住誘導区域内の場合、最大30万円、居住誘導区域外の場合、最大15万円)
※立地適正化計画については下記URLを参照ください。
http://www1.city.obama.fukui.jp/category/page.asp?Page=4019

申込方法
市役所にある申請書に必要書類を添えて提出してください。
(詳細条件等もありますので事前協議をお願いします。)

注意事項
リフォーム、旧耐震住宅の建替えについては着工前申請となりますので、着工後の申請は受付できません。
(旧耐震住宅の建替えについては新築工事着工前までに申請が必要となります。)

このページに関するお問い合わせ先

営繕管財課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。