メニュー

羽賀寺

最終更新日:2021年4月4日

ページID:1225

羽賀寺

◆所在地◆

 小浜市羽賀82-2

◆電話◆

 0770-52-4502

◆アクセス◆

 JR小浜駅より3.5Km (駅にレンタサイクル・電動有り)

◆主な文化財◆

 国指定重要文化財:羽賀寺本堂(室町中期)

 国指定史跡:木造十一面観音立像(平安前期) 

 ◆概要◆

 山号鳳聚山。真言宗高野山派。

 むかし鳳凰飛来して、その羽を落して行った霊地にちなんで、この寺を鳳聚山羽賀寺と名づけたという。行基が勅命を奉じて創建したという名刹だけに、寺坊18をそなえたというが、今は往時を偲ぶ姿もなく、僅かに本堂と本尊を遺すのみとなった。

 本堂は昭和41年9月に解体修理され、室町中期文安4年(1447)に再建された当時の偉容に接することが出来るようになった。

 桁行13.74m(5間)、梁間14.63m(6間)、棟高13.21mの規模である。桧皮葺き入母屋造りに、各部和様を基調とする本堂のたたずまいは、屋根の勾配の柔らかさ、軒廻りの線の美しさなど調和して遠い由緒を持つ名刹に恥じない。

 小浜の地には、鎌倉期の明通寺本堂・妙楽寺本堂、室町中期の羽賀寺本堂・飯盛寺本堂、それから室町末期の神宮寺本堂建築へと、時代を追い、程よく年次を隔てた遺構をもっている。

このページに関するお問い合わせ先

文化交流課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。