メールアドレスが変更となりました。平成29年2月1日より旧アドレスは使用不可能となりますのでご注意ください。

福井県小浜市定住・移住情報サイト おばまに暮らそ

幸福度日本一福井県 小浜に住んでみませんか!

  • 小浜市 人口増未来創造課
  • 0770-64-6008
  • iju@city.obama.fukui.jp

おばまに興味が出てきたあなたへ

移住の心構え

1

移住する目的は何?

住み慣れた土地を離れて移住するのですから「自分は何を実現したいのか」という目的をしっかり持つことをお勧めします。
移住にはご家族やパートナーの協力・合意は欠かせません。具体的な目的を持ち、じっくり情報を集めてご家族やパートナーと話し合ってください。

2

おばまでの生活をイメージしてみる

暮らしの条件を、ポイントを絞ってリストアップしてみましょう。
気候や移住者支援、学校施設や医療施設などの情報集め、インターネットでの情報収集の他、市役所に問い合わせてパンフレットを郵送してもらうという手もあります。

3

移住体験住宅を利用してみよう

移住後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、できるだけ移住候補地へ足を運んでみましょう。移住体験住宅や民宿に泊まったり、各地の体験メニューを楽しんで地元の方との交流を深めると情報も集まります。

4

仕事を見つける

生活を支えるには収入を得られる仕事は必須です。地方では希望に沿った仕事を見つけることが難しいこともあります。起業する・就職する・就農する、弟子入りする…あなたの大切な生活基盤となる「仕事」ですので、現実的な選択を模索しましょう。

5

住まいを見つけよう!

購入、賃貸?暮らし方のイメージと、その実現に必要な資金について考えておきましょう。

6

おばま暮らしを始める

引越しが済んだらご近所の方に挨拶に行くとよいでしょう。大家さんにも一度挨拶をしておくと、何か困ったときにスムーズに対応してくれることがあります。
小浜市は人のつながりが強く、行事(祭りや清掃活動など、地区の行事や当番)に参加することが理想です。
移住は引越しをした時点でゴールではなく、新しい生活がスタートします。
快適に生活するための力や工夫が必要になってきます。地域に合った地元の方とのお付き合いを心がけましょう。

おばま初心者インタビュー

ケース1前田 愛 さんの場合

前田愛さんの正面写真

紹介する人

兵庫県からご主人の地元である小浜市に移り住まれた前田さん。
現在、ご主人とお子さん2人の4人家族で、すぐ近くには、ご主人のご両親も住んでおられます。
お仕事はデザイン関係で個人事業をしておられましたが、2018年からはご主人と法人を設立。
毎日忙しくも、楽しい日々を送っておられます。

どうして小浜に?

もともとは兵庫県出身で、主人と結婚後も兵庫県内で生活していました。
1人目の子供を出産後、主人の地元である小浜市に移住しました。
2013年の事ですね。

小浜って?

住みやすいと思います。コンパクトにまとまっているので、何をするのも便利です。
スーパーはもちろん、郵便局や銀行も近くにあるので、生活に不便さを感じません。人が少ないので、順番待ちもほとんどありません。
都会には都会の良さがありますが、ここには小浜ならではの良さがありますね。
「適度な田舎」「田舎の都会」など主人と話しています。

ただ自家用車がないと不便さはあると思います。
公共交通の便利さは、都会と比べると劣ると思います。
もともとはペーパードライバーでしたが、主人がいなくてもいろいろ出掛けられるようになりました。

感動したのは、自然が豊かだという事です。
移住当初、散歩していると大きなサギがすぐそばに!
大きな羽根を広げて飛んでいく姿に感動したのを覚えています。
他にも、家の近くの水路をカモの親子が遡っていたり、山の上に猿がいたり、川でメダカをみつけたり。近くを散歩するだけで、たくさんの生き物を見る事ができます。

移り住んでよかったことは?

人が優しいところでしょうか。本当にみなさん親切で、家の近くを散歩していると自家栽培の野菜を頂いたり、街で困っていると助けてくれたりします。
近くの小学生も道ですれ違うと挨拶してくれるので、嬉しいですね。

あとは食べ物がおいしいですね。
お米やお魚、野菜等どれをとっても本当においしいです。
兵庫県に住んでいるときも、福井のお米を食べておいしいと思っていましたが、小浜に来てからさらにおいしくて驚きました(笑)
お水も違うのだと思います。

こまったことは、何ですか?

雪景色

冬の天気でしょうか。
どんよりとした空の日が多いですし、雪などの冬の厳しさに最初は戸惑いました。なかなか洗濯物が乾かないですし、布団も干せないし。
ですが、今では「春がくる喜び」を前より感じるようになりました。

雪の日の運転もまだまだ慣れないですね(笑)
小浜に住むまで、雪道を走る事もなかったので、最初は怖かったです。
焦らず、慎重に運転するようにしています。

子育てしやすい?

兵庫県で暮らしていた時は、主人の仕事も忙しく、(引っ越したばかりで)周りに知り合いがいなかったため、1人で子育てに追われていました。
今は恵まれており、主人の両親や親戚、知人などたくさんの人に支えてもらって生活しています。
2人目は小浜で出産しました。今は2人とも市内の保育園に通っています。
やさしく親切な先生ばかりで、毎日たのしく通園しています。

小浜にはミュージックケアと言って、音楽に触れあいながら子供と体を動かす教室があるのですが、これが本当に楽しかったですね。
保育園に通うまでの期間にお世話になりました。

子供と歩く前田さん

コミュニティはどうでしょう?

移住した当初は知人も少なかったのですが、移住者の集まりや、親子の集まりに参加してからは知り合いが増えました。
お祭りに行くと地元の主人より、私の方が知り合いに会う事が多かったです(笑)

知り合ったお母さんと話していると、私と同じように移住(Iターン)された方だけでなく、旦那さんと一緒に帰ってこられた方も多いことに驚きました。
それだけ地元に愛着があって、住みやすく、良いところなのだと思います。

どういった仕事をされていますか?

主に誌面やポスター、製品のデザイン、HPの作成などをさせて頂いています。
大切にしているのは、ご依頼頂いた方の真意を汲み取り、デザインに落とし込むことです。その為に、打ち合わせは本当に重要ですね。

今は小浜での環境にも慣れ、業務も軌道に乗っていますが、移住当時は小浜で仕事することの不便さを心配していました。
お客様も兵庫・大阪の方だったので、コミュニケーションが取りづらくなるのではないか、街の流行などについていけなくならないか、とか。
実際やってみて思ったのは、思ったより不便ではなかったという事です。

日常的には、お客様や兵庫県に住んでいる協力者と、テレビ電話でミーティングをしてコミュニケーションをとれています。
また大阪などで打合せがあるときは、電車の移動時間でアイデア出しをしたり、街を歩いて流行を探索したりと、以前より時間を有効に使うことが出来るようになりました。

移住してからは自宅で勤務していますが、結婚前は通勤に往復3時間以上かかっていたので、時間の感覚も変わってきました。以前にくらべ、時間に余裕ができましたね。

主人と仕事の分担もできるようになり、自分の作業に集中出来るようになりました。
効率的になったので、子どもと触れ合う時間を持てるようになりました。

自宅で作業する前田さん

今後のことについて教えてください。

小さな町ですが、その気になれば色々な事が出来ると思います。
出会いの中で、自分のスキルが意外と求められていることも。

法人化してまだ間もないですが、地域に根差して、地域に貢献できるようになっていきたいと思います。

子どもが小学校へ入学する年齢が近づき、自らの意思で動くことも増えると思います。自然の中でいっぱい遊び、楽しんでほしいですね。

笑顔の前田さん

モデル前田 愛(まえだ あい)さん

1982年 兵庫県生まれ。大学卒業後、福祉機器メーカーに入社。結婚を機に退職し、個人事業を創業。2013年に小浜市に転居し、2018年にMATT(マット)合同会社を設立。主にグラフィックデザイン、プロダクトやパッケージのデザインを手掛ける。

広報おばま

「広報おばま」では、地元住民の方たちの暮らしや小浜市の身近な情報をご紹介しています。

ページトップへ

© 2015 おばまで暮らそ.