ストーリー

海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 ~御食国若狭と鯖街道~

若狭は、古代から「御食国」として塩や海産物など豊富な食材を都に運び、都の食文化を支えてきた地である。また、大陸からつながる海の道と都へとつながる陸の道が結節する最大の拠点となった地であり、古代から続く往来の歴史の中で、街道沿いには港、城下町、宿場町が栄え、また往来によりもたらされた祭礼、芸能、仏教文化が街道沿いから農漁村にまで広く伝播し、独自の発展を遂げた。近年「鯖街道」と呼ばれるこの街道群沿いには、往時の賑わいを伝える町並みとともに、豊かな自然や、受け継がれてきた食や祭礼など様々な文化が今も息づいている。

日本海にのぞみ、豊かな自然に恵まれた若狭は、古代、海産物や塩など豊富な食材を都に送り、朝廷の食を支えた「御食国」のひとつであり、御食国の時代以降も「若狭の美物(うましもの)」を都に運び、京の食文化を支えてきた。近年「鯖街道」と呼ばれる若狭と都とをつなぐ街道群は、食材だけでなく、様々な物資や人、文化を運ぶ交流の道であった。朝廷や貴族との結びつきから始まった都との交流は、「鯖街道」の往来を通じて、市民生活と結びつき、街道沿いに社寺・町並み・民俗文化財などによる全国的にも稀有なほど多彩で密度の高い往来文化遺産群を形成した。
「鯖街道」をたどれば、古代から現在にかけて1500年続く往来の歴史と、伝統を守り伝える人々の営みを肌で感じることができる。

鯖街道の起点

 湊町・小浜の賑わい

街道の起点である湊町・小浜は、海外や日本海沿岸各地とつながる「海の道」と、都とつながる「陸の道」の結節点として、様々な物資や人、文化が集まる一大港湾都市であった。室町初期には象やクジャクなど珍奇な動物を積んだ南蛮船が日本で初めて上陸し、京都までの街道をひと月かけて運ばれた珍獣たちは、人々を大いに驚かせたという。
大きな交易利得を誇った小浜湊は、中世には禁裏(きんり)御料所(ごりょうじょ)ともなっており、宮中や都と間に深いつながりを持っていた。歴代の国主や廻船業で栄えた豪商たちのもと、津軽十三(とさ)湊(みなと)の安倍氏など北方交易の人々も加わり、国内外との盛んな交易や文化交流が展開されていた。
近世初頭には、小浜藩主京極高次によって小浜市場が整備され、流通の一大拠点が築かれた。「鯖街道」という通称は、この市場の記録「市場仲買文書」に残る「生鯖塩して担い京に行き仕る」という一文に由来するといわれる。「一塩」された若狭の海産物は、京都に運ばれ「若狭もの」、「若狭一汐」として珍重され、今に至っている。
この地域には、廻船問屋の豪奢な邸宅・庭園や、桃山時代の世界図及日本図屏風、南蛮渡来の工芸技術に倣って発展した若狭塗などが伝わっているほか、近世の商人町・小浜西組を中心とする城下町では、京都祇園祭の系譜をひく小浜放生祭の華やかな山車や芸能が繰り広げられ、南蛮貿易や日本海交易で繁栄した湊町・小浜の雰囲気を今に伝えている。

モデルコース

鯖街道の起点 モデルコース1

鯖街道の起点を車で巡るコースです。

順路場所ランチ情報
1小浜市場(市の塔)
↓
↓
2旧旭座
↓
↓
3旧料亭酔月
↓
↓
4旧料亭蓬嶋楼
↓
↓
5空印寺
↓
↓
6後瀬山城跡・同館跡
  • 若狭街道
  • 鯖街道の起点
  • 針畑越え
  • 若狭の浦々に続く鯖街道
若狭街道 鯖街道の起点
針畑越え 若狭の浦々に続く鯖街道

小浜市・若狭町日本遺産活用推進協議会福井県小浜市若狭町

Copyright© 小浜市・若狭町日本遺産活用推進協議会 All Rights Reserved.