メニュー

拉致被害者関係市連絡会から北朝鮮金委員長にメッセージを発信します

最終更新日:2019年9月30日

ページID:4226

帰国拉致被害者の地元3市(新潟県柏崎市、新潟県佐渡市、福井県小浜市)で組織する「拉致被害者関係市連絡会」では、毎年、日本国政府に対し拉致問題の一刻も早い解決を求めて要望書を提出しています。
2019年5月に開催された連絡会では、同年4月に安倍首相が「条件を付けずに会う用意がある」と表明されたこと、同年2月には、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と救う会全国協議会が北朝鮮に向けてメッセージを発信したことを受け、今までの行動に加えて新たなアクションを起こすこととし、北朝鮮へメッセージを発信することを決定しました。
大切な家族が離れ離れになり40年以上の年月が経っています。私たちは、一刻も早い拉致被害者の帰国を心から願っています。

関連文書ダウンロード


Adobe Acrobat Reader

ファイルリンクをクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」からダウンロードしてください。PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

総務課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。