メニュー

12歳の小学生の保護者同伴に係る委任状について

最終更新日:2021年7月21日

ページID:4917

12歳の小学生の新型コロナワクチン接種は、原則、保護者の同伴が必要です。
保護者とは親権を行うもの、または、後見人です。
保護者が都合により同伴できない場合は、子どもの健康状態を普段から熟知する親族などが同伴することにより、接種を受けることができます。
その場合、委任状が必要ですので、委任状に必要事項を記入し、医療機関に提出してください。

関連文書ダウンロード


Adobe Acrobat Reader

ファイルリンクをクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」からダウンロードしてください。PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナワクチン接種対策チーム

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

同じ「新型コロナウイルス感染症関連」の記事

  • 新型コロナワクチン接種の予約
  • 新型コロナウイルス感染症関連情報
  • 新型コロナワクチンについて
  • ふるさと納税特設ページ