メニュー

不妊治療に対する支援が変わります(R4.4.1から)

最終更新日:2022年6月27日

ページID:5304

小浜市では、待ち望んでいる嬉しい知らせを聞けることへのお手伝いが少しでもできれば・・・と、平成18年度から不妊治療にかかる経済的負担を軽減するために、不妊治療費助成事業を実施してきました。

令和4年4月1日から治療の一部が医療保険適用になることに伴い、小浜市は「カムカム赤ちゃん応援事業」を新たに設け、令和4年4月1日以降に治療を開始された方に対し、治療開始1回目から妊娠を望むご夫婦を支援していきます。


【お知らせ・変更点】
・医療保険適用となる人工授精・特定不妊治療の自己負担分、通院にかかる経費を助成します。

・男性不妊を新たに助成対象とします。

【制度改正に伴う経過措置】

1.令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年4月1日から令和5年3月31日までに1回の治療が終了した方は、経過措置として1回に限り令和3年度までの不妊治療費助成事業を適用します。

2.国の制度改正に伴い、医療機関側の準備が整わないため治療を延期し、令和4年4月2日から同年9月30日までの間に43歳の誕生日を迎える方については、同期間中に治療を開始した場合、医療保険適用された1回の治療に限り、カムカム赤ちゃん応援事業を適用します。

※助成金額については、チラシをご確認ください。
※申請書については、健康管理センター窓口か、下記からダウンロードをお願いします。

関連文書ダウンロード


Adobe Acrobat Reader

ファイルリンクをクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」からダウンロードしてください。PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

子ども未来課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。