メニュー

【オンラインシンポジウム】"若狭小浜小鯛ののささ漬"誕生の謎に迫るを開催します。

最終更新日:2022年2月10日

ページID:5585

オンラインシンポジウム配信  URL

オンラインシンポジウムは、下記URLよりご覧ください。(2月26日(土)13時から )

https://www.youtube.com/channel/UC0DA9RfxP6gliko9wLGhrow

開催概要

開催日:令和4年2月26日(土)13時から16時

会場: オンラインのみ

参加費:無料

参加方法:上記URLよりご覧ください。事前申込は不要です。

※令和3年度「食文化ストーリー」創出・発信モデル事業の一環として開催します。

開催内容

1000年以上、御食国の時代から京都の食文化を支えてきた小浜。古くは保存優先の「なれずし」として供給されますが、より新鮮味を求める都の人々の要請に応じ、「浅なれ」から「塩物」に発展継承されていきます。その加工技術の集大成が明治時代に生まれたといわれる「若狭小浜小鯛のささ漬」です。その誕生を紐解くため食材の加工技術の歴史に焦点をあて、ささ漬誕生の謎に迫ります。また、未来へ向けての御食国の歴史継承をディスカッションします。

  1. 基調講演

「海の道、湖の道、魚の道―魚で読み解く江戸時代―」

立命館大学食マネジメント学部准教授 鎌谷かおる 先生

  1. 中間報告会

「若狭小浜小鯛のささ漬を未来へ」

立命館大学食マネジメント学部教授 南直人 先生

立命館大学食マネジメント学部生 平田束、川島彩萌

  1. シンポジウム

「ささ漬誕生に迫る!」

ファシリテーター:南直人 先生 (立命館大学食マネジメント学部教授 )

パネラー:高田剛司 先生 (立命館大学食マネジメント学部教授 )

      鎌谷かおる 先生 (立命館大学食マネジメント学部教授 )

      下仲隆浩(小浜市文化交流課)

関連文書ダウンロード


Adobe Acrobat Reader

ファイルリンクをクリックするか、右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」からダウンロードしてください。PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。

開催日カレンダー

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       

このページに関するお問い合わせ先

日本遺産・都市交流グループ

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

同じ「海水浴場」の記事

  • 新型コロナワクチン接種の予約
  • 新型コロナウイルス感染症関連情報
  • 新型コロナワクチンについて
  • ふるさと納税特設ページ