早引きインデックス>出産・子育て
● 【新型コロナ関連】〜妊婦の方々へ〜


【感染が妊娠に与える影響】
 妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同年代の妊娠していない女性と変わらないとされています。しかし、妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されています。
 高年齢での妊娠、肥満、高血圧、糖尿病などが新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子であるという報告もあり、このような背景を持つ妊婦の方は、特に人混みを避ける、こまめに手を洗うなど感染予防に注意をしてください。

【妊婦の感染が胎児に与える影響】
 新型コロナウイルスに感染した妊婦から胎児への感染はまれだと考えられています。
 妊娠初期または中期に新型コロナウイルスに感染した場合に、ウイルスが原因で胎児に先天異常が引き起こされる可能性は低いとされています。

【新型コロナワクチン】
 妊娠中、授乳中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されているワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。
 妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。夫又はパートナーの方もぜひ接種をお願いします。


[戻る]
[HOME]