マイナンバー制度について

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。


マイナンバー制度の導入のポイント




マイナンバー(個人番号)が通知されます。

  平成27年10月以降、住民票を有する国民の皆様一人ひとりに、12桁のマイナンバーが簡易書留で通知されます。住民票の住所と異なるところにお住まいの方はご注意ください。
  マイナンバーは一生使うものです。マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は一生変更されませんので、ぜひ大切にしてください。



関連リンク
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

通知カード・個人番号カードについて

マイナンバー制度について(総務省のページ)

マイナちゃんのマイナンバー解説(内閣官房のページ)

動画で見るマイナンバー制度(政府広報オンライン)

個人番号カード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)




事業所においてもマイナンバーを取扱います。

  国民の一人ひとりにマイナンバー(12桁の個人番号)が割り当てられ、平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続で使用がはじまります。それに伴い民間事業者も、税や社会保険の手続で、従業員などのマイナンバーを取扱います。



関連資料
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
事業所向け資料(PDF 6754KB)

事業所向け資料(説明文入り)(PDF 6583KB)




マイナンバー便乗詐欺にご注意ください

 10月から番号が通知されるマイナンバー制度をかたり、預金口座番号など個人情報を聞きだそうとする不審な電話や訪問があったと各地で相談が寄せられています。
  「マイナンバー制度を知っていますか。」や「制度が始まると、金融機関に登録されている個人情報に訂正がある場合は取り消さなければならない。」、「マイナンバー制度に伴い、個人情報を調査している」などの不審電話がかかっているそうです。
 番号の通知前に、行政機関から何らかの手続きを求めたり、個人情報を照会したりすることはありません。
 また、マイナンバーは法律で定められた事務以外の目的で取得・提供することは禁止されています。提供する際は、しっかりと提供相手と利用目的をご確認ください。






お問合わせ先
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
〒917−8585  福井県小浜市大手町6番3号  小浜市役所

            制度に関すること  
            ・・・・・・・・・・・・・・・・  企画部 市民協働課 TEL 0770-64-6009

            個人番号の通知(通知カード・個人番号カード)に関すること
            ・・・・・・・・・・・・・・・・  民生部 市民課    TEL 0770-64-6017



小浜市公式ホームページ