風景部門 scenery

最優秀賞

あやべ賞

雪化粧の立岩

「雪化粧の立岩」 撮影地|綾部市立岩
季節|冬
住所|京都府京丹波町
氏名|広瀬 誠

拡大する

講評

 雪の柔らかい「白」と奇岩の「深い陰影」、この激しいコントラストが力強さを感じさせる。
 また、手前に、横たわる岩石を入れたことにより、画面に奥行きが出て、奇岩の大きさが強調された。
 見る者を圧倒する奇岩の有り様が伝わる、力強い作品に仕上がっている。

おおい賞

暦会館 雪景

「暦会館 雪景」 撮影地|おおい町暦会館
季節|冬
住所|福井県小浜市
氏名|小橋 清人

拡大する

講評

 四季を通じて豊かな自然の中に建つ「名田庄・暦会館」。
 冠雪時に撮影されたこの写真は、空の青さと樹々に降り積もった雪が美しく、清々しさを感じさせる。
 冬の冷気の凛とした様子が伝わる写真だ。

おばま賞

常盤の門

「常盤の門」 撮影地|小浜市蘇洞門
季節|春
住所|福井県小浜市
氏名|矢持 哲彦

拡大する

講評

 これほど水底が透けて見えるのは、よほど波が静かな時だろう。
 天候に恵まれた幸運と、的確なカメラアングルで撮影された写真。
 穏やかな「若狭湾」の風情が写し出されている。

優秀賞

中ノ島の紅葉
「中ノ島の紅葉」撮影地|綾部市大本
季節|秋
住所|京都府京丹後市
氏名|増田 英男

拡大する

神の水
「神の水」 撮影地|綾部市大本
季節|秋
住所|京都府綾部市
氏名|鈴木 隆

拡大する

淡雪暁彩
「淡雪暁彩」 撮影地|綾部市由良川
季節|冬
住所|京都府綾部市
氏名|安達 秀敏

拡大する

春路満開
「春路満開」 撮影地|綾部市梅林
季節|春
住所|京都府綾部市
氏名|西岡 正則

拡大する

袖ヶ浜の朝やけ
「袖ヶ浜の朝やけ」 撮影地|おおい町袖ヶ浜
季節|秋
住所|京都府京都市
氏名|野口 正雄

拡大する

シバザクラ満開
「シバザクラ満開」 撮影地|おおい町本郷
季節|春
住所|福井県おおい町
氏名|渡辺 俊策

拡大する

朝日射す
「朝日射す」 撮影地|おおい町青少年旅行村
季節|秋
住所|福井県おおい町
氏名|知見 治

拡大する

20万本花の里
「20万本花の里」 撮影地|小浜市加茂
季節|夏
住所|福井県敦賀市
氏名|原田 壽

拡大する

幽玄の美
「幽玄の美」 撮影地|小浜市妙祐寺
季節|春
住所|福井県小浜市
氏名|藤本 雅樹

拡大する

三丁町の夕暮れ
「三丁町の夕暮れ」 撮影地|小浜市三丁町
季節|秋
住所|福井県小浜市
氏名|齋藤 寛之

拡大する

祭・イベント部門 event

最優秀賞

迫力の五人櫂
「迫力の五人櫂」イベント名|小浜市西津七年祭
季節|春
住所|福井県小浜市
氏名|髙田 正年
拡大する

講評

 小浜・西津七年祭での一コマ。
 演じ手の所作の一瞬をとらえ、適度にストロボを使用する事により、背後の観客と鳥居が浮かび上がった。
 「宮入り」の緊張感と共に、祭礼の賑やかな様子が良く表現された写真となっている。

優秀賞

祭日
「祭日」イベント名|綾部市初えびす大祭
季節|冬
住所|京都府福知山市
氏名|白木 勇治

拡大する

水中花火
「水中花火」イベント名|おおい町スーパー大火勢
季節|夏
住所|京都府福知山市
氏名|渡辺 剛

拡大する

本郷の秋祭り
「本郷の秋祭り」イベント名|おおい町本郷
季節|秋
住所|福井県おおい町
氏名|猿橋 純

拡大する

洋上花の舞
「洋上花の舞」イベント名|おおい町スーパー大火勢
季節|夏
住所|兵庫県丹波市
氏名|荒木 孝允

拡大する

愛宕まつり 松明奉納
「愛宕まつり 松明奉納」 イベント名|小浜市愛宕まつり
季節|夏
住所|福井県小浜市
氏名|齋藤 寛之

拡大する

彩花
「彩花」 イベント名|おおい町スーパー大火勢
季節|冬
住所|福井県小浜市
氏名|藤本 雅樹

拡大する

幽玄 水と炎
「幽玄 水と炎」 イベント名|小浜市お水送り
季節|春
住所|福井県坂井市
氏名|金丸 隆

拡大する

雪中行脚
「雪中行脚」 イベント名|小浜市寒行托鉢
季節|冬
住所|大阪府淀川区
氏名|井上 良郎

拡大する

勇壮な舞
「勇壮な舞」 イベント名|小浜市お城まつり
季節|春
住所|福井県敦賀市
氏名|原田 壽

拡大する

おしゃれした棚田
「おしゃれした棚田」 イベント名|小浜市棚田キャンドル
季節|秋
住所|福井県敦賀市
氏名|浜岡 茂

拡大する

総評

 「丹波・若狭街道思い出の旅写真」というテーマでの単写真募集と言うことになると、どうしても、いわゆる観光スポットとして有名な場所&施設の写真が多くなってしまいがちです。
 今回の写真コンテストでもそのような場所で撮影された写真が多数を占めました。
 もう少し「人物」を入れた写真、スナップ的な写真の応募があっても良かったかなと感じています。
 昨今のインターネットの普及により、これまでとは比べ物にならないくらい情報発信の機会が多くなり、リアルタイムの情報も必要とされています。

 このような状況をふまえて、今回入賞された作品の活用を切望しています。

写真家 武藤 茂樹

第1回写真コンテスト第2回写真コンテスト第3回写真コンテスト