会議の種類は?
 議会では、様々な種類の会議を行い、慎重に調査・審査を行っております。
◎定例会・臨時会
 本市議会では毎年3月・6月・9月・12月の年4回開催することとなっています。
 この、定期的に開かれる議会を『
定例会』と呼び、市長が日を決めて招集します。

 また、定例会とは別に、市長が特に議会に諮りたい案件があるときや議長もしくは議員定数の4分の1以上の議員から議会開催の請求があった場合に開く議会を『臨時会』といい、これも市長が日を決めて招集しなくてはなりません。

◎本会議
 本会議は、定例会および臨時会の会期中に開かれる議員全員が集まって開く会議で、議員定数の半分以上が出席しなければ成立せず、市長および議員から議会に提出された議案などの可否を決める大切な会議です。
 この会議の進行は議長が務めることとなっております。
                 (『本会議の流れ』はこちらをクリック
◎委員会
 委員会については、「委員会とは?」のページにもご紹介しておりますが、委員会には大きく分けて、常設される『常任委員会』『議会運営委員会』と必要に応じて設置される『特別委員会』の2種類があります。
 委員会は、議決する権限はありませんが、
それぞれの分野において委員会を設置し、専門的・効率的に調査・審査を行うなど、本会議の予備的審査として行われている内部組織です。
 委員会の委員長は、委員会での審査が終了した後に、本会議において報告をすることとなっており、その報告を基に議会は議案の可否について判断することとなります。 

TOPページへ