議会の流れは?
 

 議会には、開催時期の定められている定例会と必要に応じ随時開催する臨時会との2種類あります。

 定例会の大まかな流れは、右図のとおりとなりますが、会期の途中に議会に諮らなければならない案件が発生した場合には、その都度、議会運営委員会を開催し、円滑な議会運営について協議することとなっております。

 臨時会の流れは、一般質問が無いほか基本的には定例会と同じですが、臨時会の性格上、会期が1日になることが多いため、ほとんどの場合、常任委員会への付託を省略することが多くなっております。

 また、常任委員会については、休会中しか開催することは出来ないこととなっております。

 なお、定例会および臨時会の会期については、あらかじめ議会運営委員会で協議の上、議会の冒頭において決定することとなっております。

 

議案等の付託は

 議会において、それぞれの案件を慎重に審査するため、所管の委員会に付託をすることができますが、本市議会においては、概ね下記の要領で行っております。

予算議案

 各常任委員会に分割付託
(H21.6月定例会より予算常任委員会を設置予定)

決算議案

 特別委員会を設置し付託

条例等議案

 各所管常任委員会に付託

人事案件  委員会付託を省略
議員提出議案  内容に応じ適宜委員会に付託
請願・陳情等  各所管常任委員会に付託 
意見書案  原則委員会付託を省略

TOPページへ