平成26年
一般質問発言通告一覧表
(平成26年第5回12月小浜市議会定例会)
発言通告書(PDF)
通 告 者 発 言 の 内 容
池尾 正彦 1.人口減少対策について
2.原子力災害による広域避難について
西本 清司 1.地域生活路線バス運行対策事業について
2.市立保育園統廃合及び民営化について
小澤 長純 1.土砂災害対策について
2.国民健康保険税について
3.小浜駅前の整備について
藤田 靖人 1.市内、中・西部のまちづくりについて
2.空き家対策について
池田 英之 1.若狭小浜の創生について
風呂 繁昭 1.平成27年度当初予算編成方針について
2.若狭おばま 魅力発信、誘致拡大について
能登 恵子 1.人口減少社会に向けたまちづくりの焦点
2.市の省エネ推進について
3.多機能トイレについて
下中 雅之 1.広域行政の推進について
2.地域医療の充実について
宮崎 治宇蔵 1.水循環基本法について
2.原発の避難計画について
3.井上工業倒産にともなう小浜市の対応について
松崎 圭一郎 1.原子力発電所と自衛隊の相関関係は?
2.拉致問題の見通しは?



一般質問発言通告一覧表
(平成26年第4回9月小浜市議会定例会)
発言通告書(PDF)
通 告 者 発 言 の 内 容
今井 伸治 1.災害対策について
2.舞鶴若狭自動車道開通後の状況について
3.介護保険制度について
清水 正信 1.安全・安心のまちづくり
池田 英之 1.観光まちづくり戦略について
2.土砂災害の防止について
風呂 繁昭 1.中、長期の行財政計画
2.基幹産業、観光と食について
下中 雅之 1.協働のまちづくり、地域拠点のあり方について
2.協働のまちづくりに対する意識向上について
宮崎 治宇蔵 1.集団的自衛権の行使を容認する閣議決定について
2.公民館のコミュニティー化について
3.「東寺百合文書」のユネスコ記憶遺産候補について
4.県原子力防災訓練について
能登 恵子 1.防災関連一般
2.人口減少社会と公共施設について
三木 尚 1.小浜平野地下水調査の目的について
2.災害に備えた自主防災組織について
松崎 圭一郎 1.小浜市の観光戦略は?
2.拉致問題の見通しは?


一般質問発言通告一覧表
(平成26年第2回6月小浜市議会定例会)
発言通告書(PDF)
通 告 者 発 言 の 内 容
風呂 繁昭 1.人口減少問題について
2.産業振興について
西本 清司 1.今後の市農業の方向性について
2.空き家対策について
清水 正信 1.少子高齢化人口減少時代の安全安心のまちづくり
藤田 靖人 1.旧小浜小学校跡地について
2.広域斎場について
3.耕作放棄地と空き家について
池田 英之 1.人口減少と関西圏との交流について
2.市内の景気状況について
藤田 善平 1.風水害対策を問う
2.農業振興策を問う
3.空き家対策を問う
能登 恵子 1.アプリを使って市民協働を
2.「生活困窮者自立支援法」から設置運営について
3.外国語表示を進めて!
小澤 長純 1.若者の定住促進について
2.在宅医療の推進について
3.実効性ある避難計画の策定について
宮崎 治宇蔵 1.大飯原発運転差し止め判決について
2.避難計画の策定について
3.子供医療費の窓口無料化について
4.中長期の観光ビジョンについて
5.小浜市木材利用基本方針について
下中 雅之 1.地域包括ケアにおける取り組みを考える
2.公民館を核とした協働のまちづくりについて
垣本 正直 1.小学校統合再編と東部小学校の開設について
2.新幹線「若狭ルート」早期実現の取り組みについて
松崎 圭一郎 1.平成27年度介護保険法の改正について
2.「拉致問題」再調査の行方について



一般質問発言通告一覧表
(平成26年第1回3月小浜市議会定例会)
発言通告書(PDF)
通 告 者 発 言 の 内 容
清水 正信 1.北陸新幹線若狭ルート早期実現について
能登 恵子 1.再生可能エネルギーと省エネルギー対策について
2.男女共同参画社会の実現(女性の参加)
3.ふるさと納税について
池田 英之 1.広域道路網の整備と観光振興について
2.食のまちづくりと第1次産業活性化について
今井 伸治 1.小浜市の観光行政について
2.公共交通について
風呂 繁昭 1.小浜市の景気状況と今後の対策について
2.文化財(重伝建)の保存と活用について
下中 雅之 1.小浜市食育推進計画について
2.小浜市立図書館管理運営体制の見直し変更について
宮崎 治宇蔵 1.原発の避難計画について
2.学校給食の民間委託について
3.嘱託職員の待遇改善について
4.第5期介護保険事業の現状について
5.「農地中間管理機構」の創設について
松崎 圭一郎 1.不法投棄の現状と小型家電類回収について
2.拉致問題の見通しについて

このページのトップへ

TOPページへ