学校教育関連事業

小浜市学校教育方針

 郷土を愛し、より良い日本の未来を創造しようとする児童生徒の育成を目指す。この目的を実現するため、学校教育においては次の4方針を定める。
  1. 確かな学力を育てる
  2. 認め合う心を育てる
  3. たくましい体を育てる
  4. 望ましい食習慣を育てる
 この方針を具現化するため、教育委員会は学校に対して「校長を中心とした自主的・自立的な運営」を期待する。特に管理職のリーダーシップによる学校改革を推進する。

小浜市学校重点施策

 学校教育方針を実現するため、重点取り組み内容を下記のとおり設定する。
  1. 確かな学力の充実
    「学力と人格の一致」の授業を研究・実践する。
  2. 心の教育の推進
    子どもの心に響く生徒指導・道徳教育・人権教育の研究・実践に取り組む。
  3. 体力向上の推進
    体を動かすことが好きな子どもを育てる授業の研究・実践に取り組む。
  4. 食の教育の推進
    子どもの健康を意識した食の教育の実践と給食の改善に取り組む。
    地域と連携した給食づくりに取り組む。
  5. 地域との連携の推進
    地域素材の教材化による授業を実践する。
    学校の抱える問題を、地域と連携して解決する。

>>平成28年度ふるさと学習[PDF]

>>平成28年度食の教育[PDF]

>>平成28年度人権教育[PDF]

>>平成27年度成果報告[PDF]

全国学力・学習状況調査

お問合せ

教育総務課
TEL:0770-64-6032