雲浜小学校

平成29年度
こんな学校をつくります!

たくましく 心豊かな 雲浜の子

めざす姿

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

確かな学力

目指す聴き方・考え方・伝え方を児童と共有し、対話的な学びの基礎力を育て、自らの考えを広げ、深めさせます。
自己評価欄(年度末記入)  

豊かな心

異年齢の交流活動を通して、自己有用感を育み、集団の一員としての自信や誇りを持たせます。
自己評価欄(年度末記入)  

たくましい体

目標を持ってスポーツに取り組ませて、達成感を味わわせ、苦しいことにでも前向きに取り組む行動力を育てます。
自己評価欄(年度末記入)  

開かれた学校

学校の情報を親や地域に公開し、日常的な意見にすばやく応え、地域の信頼に応える学校づくりを進めます。
自己評価欄(年度末記入)  

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!

たくましく 心豊かな 雲浜の子

めざす姿

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

確かな学力

ふり返りの時間を設定し、児童に「分かる」「できる」喜びを実感させ、自ら学ぶ学習習慣を身につけます
自己評価欄(年度末記入) 4

豊かな心

兄弟学級の交流活動を通して、自己有用感を育み、自他を大切にする心を育てます
自己評価欄(年度末記入) 4

たくましい体

目標を持ってスポーツに取り組ませて、達成感を味わわせ、苦しいことにも前向きに取り組む態度を育てます
自己評価欄(年度末記入) 4

開かれた学校

学校の情報を親や地域に公開し、日常的な意見にすばやく応え、地域の信頼に応える学校づくりを進めます
自己評価欄(年度末記入) 3

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)
授業の中でのふり返りから、「分かった」「できた」と感じている児童は非常に多くなりました。また、多くの児童は自ら家庭学習にも取り組み、自ら学ぶ学習習慣が身につきつつあります。
学校行事や学年ごとの異学年交流活動がよい効果を現し、「自分は人の役に立ったと感じる」児童や、「子どもが人に認められて、自分に自信を持っている」と感じている保護者は多く、児童の自己有用感を育むことにつながっています。また、自分や友だちを大切にしようとする心が育ってきていると感じている保護者も、非常に多くいます。
業間マラソンやなわとびなどの体育的活動には、明確な目標を持って意欲的に取り組むことができています。ノーメディアウィークではチェックカードにより、児童と保護者が生活を見直し、日々の時間の使い方を話し合うよいきっかけとなりました。今後は、それを習慣化させていきたいと考えています。
開かれた学校については、たよりなどにより学校の情報を発信しましたが、学校での活動や様子を理解し、子どもの教育に取り組めたと感じている保護者の方の数は目標値を下回りました。今後、家庭の協力・支援に結びつくような情報の内容や提供の方法について、ホームページの更新も含めて検討していきます。
最後に、スクールプランの実現に向けて、児童も教師も、学習意欲と取り組む姿勢は共に質の高い取組となり成果も出ていますが、それはまだ各指導者の技量に大きく依存しています。今後、さらに「児童を主体的に活動させる」実践を重ねながら、全教職員の共通理解と授業力の向上を図っていきたいと考えています。
前の画面に戻る