小浜小学校

平成30年度
こんな学校をつくります!

【学校の教育目標】

学校教育目標

いきいき!!キラキラ!! 夢・チャレンジ 〜かしこく やさしく たくましく〜

めざす子ども像

○よく考え、一生懸命学び合う子
○丁寧なことば遣いで、仲よく力を合わせる子
○健康で明るく、郷土を愛する子

めざす学校像

○児童にとって夢があり活力がある学校
○教職員にとって働きがいがある学校
○保護者・地域から信頼され共に歩む学校
こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

■自分で課題を見つけて、解決する力を育てます

毎日の「一人調べ」を充実させ、わかる授業作りに取り組みます。
課題作文や100字作文を継続して実施します。
自己評価欄(年度末記入)  

■自尊的感情を高めます

係や委員会活動を通して役立つことの喜びや達成感を体験させます。
縦割り活動を毎月実施し、異学年の交流を通して仲間作りを進めます。
自己評価欄(年度末記入)  

■健康・安全の意識を高めます

小浜の豊かな食文化を学ばせ、家庭での食事作りを推進します。
小浜の自然を生かした活動を実施し、体力作りとともに郷土を愛する子を育てます。 (遠泳大会・後瀬山登山)
自己評価欄(年度末記入)  

■信頼される学校作りを目指します

学校参観日や校長室だよりを通して、開かれた学校作りを進めます。
積極的に地域に出かけ、保護者・地域から信頼される学校作りを進めます。
自己評価欄(年度末記入)  

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)
前の画面に戻る
平成29年度
こんな学校をつくります!

【学校の教育目標】

学校教育目標

いきいき!!キラキラ!! 夢・チャレンジ 〜かしこく やさしく たくましく〜

めざす子ども像

○よく考え、一生懸命学び合う子
○丁寧なことば遣いで、仲よく力を合わせる子
○健康で明るく、自分のよい点を伸ばせる子

めざす学校像

○児童にとって夢があり活力がある学校
○教職員にとって働きがいがある学校
○保護者・地域から信頼され共に歩む学校
こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

■自分で課題を見つけて、解決する力を育てます

毎日の「一人調べ」を充実させ、わかる授業作りに取り組みます。
課題作文や100字作文を継続して実施します。
自己評価欄(年度末記入) 4

■自己有用感を高めます

係や委員会活動を通して役立つことの喜びや達成感を体験させます。
縦割り活動を毎月実施し、異学年の交流を通して仲間作りを進めます。
自己評価欄(年度末記入) 5

■健康・安全の意識を高めます

小浜の豊かな食文化を学ばせ、家庭での食事作りを推進します。
小浜の自然を生かした体力作りを実施していきます。(マラソン大会・遠泳大会)
自己評価欄(年度末記入) 5

■信頼される学校作りを目指します

学校参観日や校長室だよりを通して、開かれた学校作りを進めます。
積極的に地域に出かけ、保護者・地域から信頼される学校作りを進めます。
自己評価欄(年度末記入) 5

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

1 成果が得られたもの (特筆すべきもの)

(1)学力向上

■自分で課題を見つけ、解決する力を育成する。

−「授業がわかる」と答える児童90%以上−

 ・
児童は熱心に「一人調べ」に取り組んでおり、授業ではたくさんの手が挙がり、学習内容にスムーズに入っていくことができている。

■主体的に学び合う力を高める。

−授業でわからない事を質問できると答える児童80%以上−

 ・
授業でわからないことをそのままにせず、教師や友だちに質問できる児童が増加してきた。

(2)豊かな心の育成

■自己肯定感を高める

−他の人のためになることは進んで行うことができると答える児童80%以上−

 ・
3〜6年の質問では数値目標を超えた。委員会活動や縦割り班により、下級生に援助や世話をする等で自己肯定感が高まった。

■健康・安全の意識を高める

−「キッチン記念日」等に自分で料理したり、手伝いができたと答える児童90%以上−

 ・
月1回の「キッチン記念日」だけでなく、日常の家庭生活の中でも料理したり手伝う児童が増加した。

(3)信頼される学校の構築

■信頼される学校作り

−子どもの小浜小学校での生活に満足していると答える保護者90%以上−

 ・
学級・学年通信だけでなく、年間20号以上の校長室便りを発行し、学校の教育活動や校長の考えを示して、保護者からの信頼を得られていると感じている。

■開かれた学校作り

 ・
「まちの駅旭座」を利用して、年4回の学年発表会を開催し、保護者だけでなく、家族、たくさんの地域の方々に来場していただいた。また、今年度は、地域団体とともに5・6年生が後瀬山へ登山を行った。

2 課題

■3S学習の充実

3S学習を通して主体的な学習態度や考える力をつけていくのが小浜市教委の方針であり、本校でも研修を重ねている。しかし、世代交代等もあり理論の理解や実践経験が不足している教員も増えてきている。より一層研修を深めて、教員の「授業でのコーディネート力の向上」を課題として、主体的な学びができる児童の育成に努めていく。

■児童理解・生徒指導の向上

教員の中で生徒指導力の差が大きく感じられる。小さなサインを見落とさず迅速で的確な初期指導をするためには、質の高い事例研究等を実施し、児童を多面的に見取る力や保護者対応力を一層高めていく必要がある。

前の画面に戻る