宮川小学校

平成29年度
こんな学校をつくります!
学校教育目標
こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

① 確かな学力を育む

 ・
3S学習による主体的・対話的な深い学びを追求します。
 ・
個別指導の徹底と基礎的・基本的な学習内容の定着を図ります。
自己評価欄(年度末記入)  

② 相手を思いやる心を育む

 ・
縦割り活動、学級づくりを通して、いじめや不登校の未然防止に努めます。
 ・
気持ちのよい挨拶運動に取り組みます。
自己評価欄(年度末記入)  

③ たくましい気力・体力を育む

 ・
早寝早起き朝ごはんなど、基本的生活習慣の確立に努めます。
 ・
目標を明確にした業間運動に取り組みます。
自己評価欄(年度末記入)  

④ 信頼される学校づくり

 ・
学級、学校だより等、積極的な情報発信に努めます。
 ・
ふるさとの人材、教材を活用したふるさと学習を推進します。
自己評価欄(年度末記入)  

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!

(1)本校の姿

 ・
児童数は37名,以下の4学級です。
(1年在籍なし,2・3年(複式学級)4年5年6年
 ・
児童は,毎朝元気なあいさつをして登校しています。
 ・
授業中は集中して聴き合い,話し合って学習に取り組みます。
 ・
地域の方は,学校に対して惜しみなく支援をしてくださいます。

(2)今年度めざすもの

 本校の教育目標
 ふるさとに学び,ふるさとの未来を考えられる子の育成

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

① 確かな学力を育む

 ・
3S学習の実践による課題を解決できる学力の育成
 ・
個別指導の徹底と基礎的基本的な学習内容の定着
 ・
複式授業における効果的な指導方法の追究
 ・
聴き合い学び合う活動の工夫
 ・
家庭と連携した家庭学習時間の確保と読書活動の推進
自己評価欄(年度末記入) 4

② 相手を思いやる心を育む

 ・
自然環境や友だち・地域の方々との関わりを重視した体験活動
 ・
縦割り集団活動での仲間づくり
 ・
いじめや不登校を未然に防止する温かい学級づくり
 ・
気持ちのよいあいさつ運動
 ・
情報モラル教育の計画的取組
自己評価欄(年度末記入) 4

③ たくましい気力・体力を育む

 ・
早寝早起き朝ごはんなど基本的生活習慣の確立
 ・
目標を明確にした業間活動(マラソン・縄跳び)の継続
 ・
天気のよい日の外遊びの奨励
 ・
困難に立ち向かう体力・気力づくり(遠距離を歩きぬく遠足・水泳検定)
 ・
校内生活全般において最後までやり抜く気力・体力の錬成
自己評価欄(年度末記入) 4

④ 信頼される学校づくり

 ・
授業公開日の確保
 ・
学級・学校だより等の積極的な発信
 ・
地域行事への積極的な参加・交流
 ・
ふるさとの歴史・文化・人々等からふるさとについて学ぶ学習の充実
 ・
地域学校協議会の内容の工夫・充実
 ・
保小・小小・小中の連携による教育の充実
自己評価欄(年度末記入) 4

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)
① 確かな学力を育む
授業理解について
○授業中の集中力や意欲が向上した。
○基礎学力の定着に成果があった。
読書活動
●家庭学習時間、家庭読書時間や不足している。子どもの自覚を高め、家庭と連携して対応していく。
② 相手を思いやる心を育む
友人関係
△全体的によいが、ふざけがもとで相手の心を傷つけることがある。道徳を要にした指導を充実する。
規範意識・善悪判断
〇「よい」「悪い」の価値判断がどの子もできている。継続指導する。
あいさつ
○とてもよくなってきた。継続指導する。
③ たくましい体と心を育む
体育活動
〇全体的によく努力し、器械運動発表会、泳力テスト、陸上記録会で好成績を上げた。業間のマラソン・なわとびを力いっぱいやっている。
△睡眠時間の取り方などを保護者と共通理解し、指導していくことが必要。
④ 信頼される学校づくり
地域行事への参加
〇おおむね参加しているが、ふるさとのよさを学習させ、より参加を増やしたい。
情報発信
△単に情報発信するだけでなく、ノーメディアウィークの期間を利用して、親子間の会話を増やせるような活動をさらに進める。
地域・学校協議会
△委員の方々がそれぞれに何役も持っておられ、なかなか普段の授業の様子を見ていただくことが難しい。
前の画面に戻る