口名田小学校

平成29年度
こんな学校をつくります!

つながり 学ぶ 元気な子

重 点 目 標

つながる子 学ぶ子 元気な子 ふるさとを愛する子
・積極的に人と関わり,人間関係を築く力を持った児童を育てます。
・自己有用感を育て,互いに高め合える児童を育てます。
・聴き合い学び合う授業の深化を通して,学びを深めようとする児童を育てます。
・深い学びにつながる基礎的な知識・技能の確実な習得を図ります。
・生活の自己管理ができ,自立できる児童を育てます。
・基礎体力の向上を図り,気力の充実した児童を育てます。
・ふるさとのよさを知り,ふるさとを愛する児童を育てます。
・地域実践活動に自ら参画していこうとする児童を育てます。

情熱と探究心をもって協働して取り組む教師

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標
「感謝・応援・誘い」の言葉でいっぱいの学校,「いつでも・どこでも・だれにでも」自分からあいさつのできる子どもにします。
 ・
自分から先にあいさつができたと言える自動 90%以上
 ・
家庭・地域・学校のどこでもさいさつができたと言える児童 90%以上
自己評価欄(年度末記入)  

互いの考えを「聴き合い」ながら自分の考えを深め、「学び合う」ことのできる授業づくりに取り組みます。
 ・
「分かった・もっと学びたい」と思う児童 80%以上
自己評価欄(年度末記入)  

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!

つながり 学ぶ 元気な子

重 点 目 標

つながる子 学ぶ子 元気な子 ふるさとを愛する子
・積極的に人と関わることのできる児童を育てます。
・自己有用感を育て,互いに高め合える児童を育てます。
・聴き合い学び合いながら分かった・もっと学びたいと思える児童を育てます。
・基礎的な知識・技能の確実な習得を図ります。
・基礎体力や気力の向上を図ります。
・生活の自己管理ができ,自立できる児童を育てます。
・ふるさとのよさを知り,ふるさとを愛する児童を育てます。
・地域実践活動を自ら考えて実践できる児童を育てます。

情熱と探究心をもって協働して取り組む教師

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標
「感謝・応援・誘い」の言葉でいっぱいの学校,「いつでも・どこでも・だれにでも」自分からあいさつのできる子どもにします。
 ・
自分から気持ちのよいあいさつができたと言える児童 90%以上
 ・
家庭・地域・学校のどこでもあいさつができたと言える児童 80%以上
自己評価欄(年度末記入) 4

互いの考えを「聴き合い」ながら自分の考えを深め、「学び合う」ことのできる授業にづくりに取り組みます。
 ・
「分かった・もっと学びたい」と思う児童 80%以上
自己評価欄(年度末記入) 4

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

 子ども達が互いの考えを「聴き合い」ながら考えを深め,協働して学びを深めていく授業づくりに焦点を当てて取り組みました。考えを聴くこと,ペアやグループ学習での学びを大切にしたので,主体的に課題に向き合い仲間とともに解決する姿勢の定着が進み,「授業が分かった・もっと学びたい」と思う児童が86%となりました。また、授業づくりと並行して学びを支える集団づくりにも力を入れて取り組みました。「感謝・応援・誘い」のふわふわ言葉が多く使われる学級が増えてきたり、「ほめ言葉のシャワー」を行うことで子ども達の自尊感情が高まったりしてきました。その結果、学級や縦割り班の活動において,みんなと一緒に活動するのが楽しいと感じている児童が多く,「学級のためになる仕事ができている」と回答した児童が90%となりました。
 自分から進んであいさつをすることについては,できていると答えた児童は93%ですが,地域の人からはまだ十分ではないとの意見もあります。学校内外で人と関わる活動や自己を表現する場を意図的に設定するなどして、さらなるコミュニケーション力の育成に取り組んでいこうと思っています。
 次年度も互いを高め合える良質な人間関係づくりを推進する中で,仲間とつながりながら学びを深め、積極的にいろいろな人と関わっていける児童を育てていきたいと考えています。

前の画面に戻る