加斗小学校

平成29年度
こんな学校をつくります!

<めざす学校の姿>

児童にとって安全安心な環境のもと、得意な分野を中心に、生き抜く力をつけることができる学校

保護者にとって常に子どもたちを中心に考えて協働し、子どもたちの成長ぶりに満足できる学校

地域にとってネットワークを生かして支え合い、将来を担う子どもたちの姿に大いに期待できる学校

教職員にとって自己研鑽とOJTにより力量を高め、仕事を通じて人間力を高めることができる学校

<教育目標>

『考える力の育成』

<めざす子どもの姿>

◇知 よく考え、問題を解決しようとする子
◇徳 相手の立場に立って考える子
◇体 工夫して、ねばり強く挑戦する子

<めざす教職員の姿>

・本気で子どもをかわいがる教職員
・自己研鑽に励み、日々改善を目指す教職員
・地域での役割も果たし、信頼される教職員

確かな学力づくり

@
ひとり調べをもとに、みんなで練り合う授業の推進
◆ 発表の時間と場の確保
・ 練り上げることができる授業展開の工夫
A
考えるための基盤づくり
・ 学習ルールの定着と読書活動の充実
◆ 基礎テスト(国算)の合格率の向上
B
やる気を引き出す授業展開の工夫
・ 研究授業における事前・事後研究を通した検証
◆ 1人2回以上の研究授業の実施

<◆数値目標>
@80% A80% B80%

思いやりのある学級づくり

@
豊かな体験活動と教科・領域の関連づけ
◆ 失敗体験、成功体験、感動体験を道徳等と関連させ、人間としての生き方に迫らせる
A
あいさつ運動の推進
◆ あいさつと気持ちの良い返事の励行
B
人権を尊重し合う子の育成
◆ 全校一斉人権教育デーの設定
学期1回以上

<◆数値目標>
@80% A80% B80%

健康な体づくり

@
加斗っ子パワーアップ作戦の展開
◆ 水泳、マラソン、なわとびへの取組
A
子どもたちの運動量の充実
◆ 外遊びの奨励、業間活動の推進
B
食の教育を通した食習慣の定着
・ 給食時間を活用した食の指導
◆ 児童による家庭での月1回の食事づくり

<◆数値目標>
@80% A80% B80%

家庭・地域と共に歩む学校づくり

@
学校の情報公開の充実
◆ 学校・学級通信の発行(月1回)
・ 学校ホームページの適宜更新
・ 学校公開日の活用(年4回以上)
A
情報モラル教育の推進
・ 子ども向け・保護者向け情報モラル研修の実施
◆ ノーメディアウィークの実施
B
保・小・中の連携の充実
◆ 連絡会の実施や参加の充実

<◆数値目標>
@80% A80% B80%

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

◎ひとり調べをもとに、みんなで練り合う授業の推進

 ・
発表の時間と場の確保
自己評価欄(年度末記入)  

◎豊かな体験活動と教科・領域の関連づけ

 ・
失敗体験、成功体験、感動体験を道徳等と関連させ、人間としての生き方に迫らせる
自己評価欄(年度末記入)  

◎加斗っ子パワーアップ作戦の展開

 ・
遠泳、体育祭、マラソンへの取組の充実
自己評価欄(年度末記入)  

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!

<めざす学校の姿>

児童にとって安全安心な環境のもと、得意な分野を中心に、生き抜く力をつけることができる学校

保護者にとって常に子どもたちを中心に考えて協働し、子どもたちの成長ぶりに満足できる学校

地域にとってネットワークを生かして支え合い、将来を担う子どもたちの姿に大いに期待できる学校

教職員にとって自己研鑽とOJTにより力量を高め、仕事を通じて人間力を高めることができる学校

<教育目標>

『考える力の育成』

<めざす子どもの姿>

◇知 よく考え、問題を解決しようとする子
◇徳 相手の立場に立って考える子
◇体 工夫して、ねばり強く挑戦する子

<めざす教職員の姿>

・本気で子どもをかわいがる教職員
・自己研鑽に励み、日々改善を目指す教職員
・地域での役割も果たし、信頼される教職員

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

◎ひとり調べをもとに、みんなで練り合う授業の推進

 ・
発表の時間と場の確保
自己評価欄(年度末記入) 4

◎豊かな体験活動と教科・領域の関連づけ

 ・
失敗体験、成功体験、感動体験を道徳等と関連させ、人間としての生き方に迫らせる
自己評価欄(年度末記入) 4

◎加斗っ子パワーアップ作戦の展開

 ・
遠泳、体育祭、マラソンへの取組の充実
自己評価欄(年度末記入) 5

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

【目標達成に向けた努力事項の結果についての考察】

ひとり調べをもとに、みんなで練り合う授業の推進
 ノートやホワイトボードに自分の考えをまとめさせ、実物投影機などのICTを活用しながら発表しやすい環境を整えたことで、自信を持って発表する児童が増えた。しかし、全員が全校や学校外で自分の意見を堂々と言えるわけではない。学年ごとのミニ発表会の回数を増やしたり、全校集会が終わったあとの感想を言う時間を長めにとったりして、今後も人前で発表する機会を意識的に多く設け場慣れさせ、自分の考えを伝えられるようにしていきたい
豊かな体験活動と教科・領域の関連づけ
 教職員の自己評価としては100%を達成することができた。総合的な学習の時間や行事などでは,事前に関連させた内容を扱うことで,活動中も課題を持って取り組み,ふり返りも行うことができた。しかし,ふり返りを次に生かすことができなかったので,1年間を通しためあてを持たせ,継続した取組みをしていきたい。
 また,失敗をさせる体験がなかなかできないので,普段の生活からうまくいかなかったことを話し合わせたい。
加斗っ子パワーアップ作戦の展開
 教職員の自己評価としては、100%を達成することができた。今後は、体育的行事に向けて児童が取り組んだ軌跡や、がんばりが振り返られるようにすることで、粘り強く取り組もうとする態度が更に育つのではないかと考える。また、掲示物を作ることで、保護者に対しても取り組みの様子を伝える手段になるのではないだろうか。
前の画面に戻る