小浜中学校

平成29年度
こんな学校をつくります!

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

○生徒が愛校心を持ち、仲間と共に顔晴れる学校を目指します。

(1)
浜中が好きと言える生徒を育てます。
(2)
仲間と共に学び合う楽しさ、活動する楽しさを味わえる生徒を育てます。
(3)
不登校の未然防止に務め、欠席日数が年間30日以上の生徒数を全校生徒 の3%以内を目指します。(平成28年度は3.3%)
自己評価欄(年度末記入)  

○生徒の学力向上を目指します。

(1)
生徒主体の授業づくりを目指します。
(2)
家庭で毎日2時間以上の学習に取り組む生徒を育てます。
自己評価欄(年度末記入)  
一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

○生徒が愛校心を持ち、仲間と共に顔晴れる学校を目指します。

(1)
浜中が好きと言える生徒を育てます。
(2)
仲間と共に学び合う楽しさ、活動する楽しさを味わえる生徒を育てます。
(3)
不登校の未然防止に務め、欠席日数が年間30日以上の生徒数を全校生徒 の3%以内を目指します。(平成27年度は3.2%)
自己評価欄(年度末記入) 3

○生徒の学力向上を目指します。

(1)
生徒主体の授業づくりを目指します。
(2)
家庭で毎日2時間以上の学習に取り組む生徒を育てます。
自己評価欄(年度末記入) 4

一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

 「愛校心があれば、そう簡単に学校は荒れない。」という理念のもと、「浜中が好き」と答える生徒90%以上を目標に取り組んできた。いくつかの学校行事を縦割りで実施することで3年生のリーダーシップを引き出し、2年生が3年生を支え、1年生がそれに学ぶという望ましい縦のつながりを意識し、支え合う集団づくりを形成することを目指した。
 生徒会も「We Love浜中」をテーマに掲げ、さまざまな活動で愛校心を意識した取組を展開してきた結果、学級への帰属意識の高まりも見られた。その結果、「浜中が好き、どらかというと好き」と回答した生徒が94.0%であった。限りなく100%に近づくよう継続して努めていきたい。
 また、学力向上を図るため、本校の研究とも絡め、「話す」「聞く」などグループ内での「学び合い」をもとにし、学級全体で考えを深め合う授業づくりをとおして、生徒が自ら学ぶ意欲や姿勢を身に付けるよう研究を進めてきた。
 さらに、生活時間調査の定期的な実施と生活改善指導をとおして、望ましい学習習慣づくりの一層の充実を図ると共に、さらなる学力向上を目指し、朝読書の時間帯を利用した「小テスト」や長期休業明けの「基礎テスト」を、より一層充実させ、「勉強する」→「できる」→「やる気が出る」のサイクルの確立を図っていきたい。

前の画面に戻る