小浜第二中学校

平成29年度
こんな学校をつくります!
小浜市立小浜第二中学校
教育目標
こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

授業づくり

校内研修・校外研修を積極的に活用し、分かってできる楽しさが実感できる授業づくりに努めます。
自主的・計画的に家庭学習ができる生徒を育てます。
自己評価欄(年度末記入)  

集団づくり

すべての生徒に安心感や居場所がある学級・学年づくりを進めていきます。
いろいろな場面で、生徒主体の自治的活動を推進します。
自己評価欄(年度末記入)  

習慣づくり

当たり前のことが当たり前にできる、毎日の習慣づくりを大切にする生徒を育てます。
達成感を味わえる活動を推進し、自尊感情を高めます。
自己評価欄(年度末記入)  

校舎の写真          
一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

前の画面に戻る
平成28年度
こんな学校をつくります!
小浜市立小浜第二中学校

ふるさと若さの未来を担う人材の育成

矢印

めざす生徒像
自分の考えを再現する二中生 人の心をあたたかくする二中生 心身をきたえる二中生


今年はここがポイント!

こんな事に取り組みます!
■具体的努力目標

□ 学びを保障し、学ぶ楽しさを実感できる授業づくりに努めます。

対話と協同を大切にした授業の展開
全教員一人3回以上の公開授業と自主研究会の実施
自己評価欄(年度末記入) 4

□ 安心感や居場所感のある学級や学校にしていきます。

学校行事を通した仲間意識の高揚
オアシス運動の推進
自己評価欄(年度末記入) 3

校舎の写真          
一年間、本校を運営させていただいて(年度末に記入)

(1)学びを保障し、学ぶ楽しさを実感できる授業づくり

 
生 徒
保護者
教 員
27年度
83%
66%
90%
28年度
86%
65%
91%

 生徒への質問「積極的に授業に参加し自分の考えを深めている」については、肯定的に回答する割合が昨年度より増加した。保護者の評価も昨年度と比較して肯定的な回答は依然として60%台である。目に見える成果を示す必要がある。

(2)安心感や居場所感のある学級や学校

 
生 徒
保護者
教 員
27年度
84%
90%
84%
28年度
89%
81%
81%
 生徒への質問「自分の学級・学校が大好きである」については、肯定的な回答の割合は昨年度より増加した。行事等で生徒の主体性に配慮してきた成果が表れている。保護者および教員の肯定的な回答は昨年度減少している。行事の見直しも含め、実効性のある取組を考えていきたい。

前の画面に戻る