福井しあわせ元気国体・大会

国体・大会とは

福井しあわせ元気国体とは

福井しあわせ元気国体とは、平成30年に福井県で開催される第73回国民体育大会の大会愛称です。
国体は、国民スポーツの祭典として、昭和21年から毎年開催されており、福井県では、昭和43年に第23回国民体育大会が開催されて以来、50年ぶり、2巡目の開催となります。
各種競技は都道府県対抗で行われ、男女総合成績1位の天皇杯や女子総合成績1位の皇后杯の獲得などをめざし、選手たちは熱い戦いを繰り広げます。
小浜市では、正式競技として、ビーチバレーボール、ラグビーフットボール、ウエイトリフティング、軟式野球の4競技が開催されるほか、県内にお住まいの誰もが参加することができるデモンストレーションスポーツとして、真向法とスポーツチャンバラが開催されます。
全国から集まる選手、監督をはじめ応援等関係者の皆様を、市民一人ひとりのおもてなしの心と小浜市の豊かな食、自然、歴史、文化、観光資源をもって歓迎いたします!
トップレベルの選手のプレーを間近で観戦できる福井しあわせ元気国体を、市民を挙げた応援、歓迎により、一緒に盛り上げましょう!

福井しあわせ元気大会とは

福井しあわせ元気大会とは、平成30年に福井県で開催される第18回全国障害者スポーツ大会の大会愛称です。
全国障害者スポーツ大会は、平成13年から国民体育大会終了後に開催されています。
大会は、障がいのある選手が、競技等を通じてスポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障がいに対する理解を深め、障がいのある方の社会参加を推進することを目的とした、障がい者スポーツの祭典です。小浜市では、バレーボール(精神障がい者の部)が小浜市民体育館で開催されます。

国体愛称・大会愛称

【国体愛称】

福井しあわせ元気国体

【大会愛称】

福井しあわせ元気大会

幸福度日本一といわれる福井県で、県民の元気と創意を結集し、しあわせを感じ、元気があふれる国体・大会を創り上げます。県民みんなで全国からの参加者を温もりの心でもてなし、交流を通じて、しあわせと元気を全国に発信します。

スローガン

織りなそう力と技の美しさ

選手は持てる力と技と美しさを、福井県が誇る織物のようにタテ糸とヨコ糸に織りなし、競技に全力を尽くします。県民一人ひとりは「する」「みる」「支える」のそれぞれの立場で国体・大会に主体的に参画します。これにより相互につながりを深め、みんなで感動を共有できる国体・大会にしよう、という想いを込めています。

マスコットキャラクター

はぴりゅう

はぴりゅう

福井しあわせ元気国体・大会のマスコットキャラクター「はぴりゅう」は、はぴねすダンスといろいろなスポーツが得意な男の子です。
『福井のおいしい食べ物が大好きはぴ! 両大会をみんなに知ってもらうために、スポーツ振興や、公式ダンス、ボランティアの応援リーダーとして活躍するはぴ!!』

小浜市ご当地はぴりゅう

小浜市ご当地はぴりゅう

小浜市の景勝地「蘇洞門(そとも)」を背景に「はぴりゅう」と市公認キャラクターのさばトラななちゃんが「蘇洞門(そとも)めぐり」の遊覧船に乗っている様子を描いた、小浜市のご当地はぴりゅうです。

詳しくはお気軽にお問い合わせください

「福井しあわせ元気」国体・障害者スポーツ大会小浜市実行委員会事務局
(小浜市企画部国体・障害者スポーツ大会推進課内)

0770-53-1111(代表) 0770-64-6071(ダイヤルイン)
業務時間:月~金曜日 8:30~17:15(祝祭日・年末年始は除く)

0770-52-1401

お問い合わせはこちらから

ページトップへ戻る